ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2022.5.22プレーオフECF#3)

勝ち越すのは

前の試合ではホームでセルティックスに大敗したヒート。

このプレーオフ、ホームでは初めての敗戦。

これでシリーズを1-1のタイに戻されました。

スマートとホーフォードの存在感は大きかったですね。

 

気を取り直してヒートは第3戦目へ。

敵地でリードを奪うべくボストンへ移動します。

セルティックスはここでロバート・ウィリアムズⅢ世が欠場。

リムプロテクター不在は突きどころです。

ただ結局は他に主力の欠場はなし。

厳しい試合になりそうです。

 

対するヒートはラウリーが復帰!

コンディションは気になるところですが起爆剤になってほしい。

特に攻めきれず、トランジションでイージーな得点を許すというパターンを減らしてくれることを期待したいですね。

これでヒートはメンバーが全員揃って臨めます。

倒して主導権を取り返せるか。

 

それでは試合を振り返っていきましょう。

 

対 ボストン・セルティックス

MIA 109-103 BOS

FG% 46.7%

3P% 33.3%

FT% 85.7%

リバウンド 34(OR 8 DR 26)

アシスト 22

ターンオーバー 9

 

Q1 39-18

ラウリーが早速プッシュ、ストゥールースのトランジションスリーにつながる
ラウリーはアデバヨに攻めさせようとボール集めている印象
期待に応えてアデバヨがいく
タッカーのコーナースリーも決まる
ラウリーのタッチダウンパスでバトラーのエンドワンも
トランジションでラウリーのスリー決まる!あっという間にリード二桁
アデバヨのジャンパーも決まる
アデバヨがガンガン攻める!いい!
交代 ラウリー→ビンセント
ラウリーがロッカーへ、怪我ではなく治療のためのよう
アデバヨがとにかくシュートを打つ、これが見たかった
バトラーのスティールも
アデバヨはアシストも冴える、これが見たかった
リードがぐんぐん広がる
交代 アデバヨ→デッドモン
ストゥールースが打ちきれない、かと思いきやスリー決まる 笑
リード20点近くに
交代 ストゥールース→ヒーロ、タッカー→マーティン
交代 デッドモン→アデバヨ
アデバヨがスティールも、攻守で勢いあり
ビンセントもスリーくる、ヒーロのナイスアシスト
いい守備からヒーロがオープンスリー放つも決まらず
マーティンがオフェンスリバウンドからエンドワン
交代 バトラー→タッカー
最後はアデバヨ決めるも時間足りず、それでも21点リードで1Q終了

 

Q2 23-29

交代 タッカー→ダンカン
早速ゴール下がら空きでマーティンがダンク
ヒートの守備が熱い
ダンカンも外ではなく中で得点を決めていく
ヒートがゾーンディフェンス
マーティンの外も決まる
スマートがエンドワン、ヒートの守備も惜しいけど
またセルティックスがエンドワン、リバウンド頑張りたい
交代 ビンセント→ラウリー、マーティン→タッカー
タッカーのコーナースリーまた決まる
ダンカンは外決められない
交代 アデバヨ→バトラー、ダンカン→ストゥールース
プリチャードの外くる、乗せたくない
バトラーがプリチャード攻めきれずもラウリーがボール奪い返す、大きい
ヒーロも落とすけどバトラーのエンドワンに、ついてる
ここでタッカーがテイタムからファール引き出す、さすが
セルティックスもジワジワ点差詰めてくる
ヒーロこない、ヒートの得点止まる
というところでセルティックスもターンオーバー、助かる
交代 ヒーロ→アデバヨ
ラウリーがホーフォードからファール引き出す、頼れる
ストゥールースの外もこない、ただリバウンド粘る
ここでラウリーが得点、さすが
からのトランジションでアデバヨがダンク、好調キープ
交代 ラウリー→ビンセント
ホーフォードがエンドワン、さすが
バトラーの確率が上がってこない、珍しい
リード削られ差が20点切る
交代 ストゥールース→マーティン
テイタムが最後決める、15点リードまで削られて後半へ

 

Q3 25-25

バトラーが怪我で後半欠場に、オラディポがスタートに
セルティックスもタイス使わず
オラディポのスリーこない、ただタッカーがオフェンスリバンド粘る
ヒート立ち上がり点が取れない、嫌な流れ
ここでスマートも足痛める、自力で立てない、大丈夫か
テイタムのシュートがこないの助かる
逆にラウリーは決める
アデバヨのゴールに向かう姿勢変わらなさそう
タッカーのコーナースリー決まらず
ヒートは守備でリズム作っていく
ホーフォードとブラウンがつなぐ
ここでストゥールースのスリー、TDガーデン黙らせる
というところでスマート帰ってくる、TDガーデンが大騒ぎに
タッカーのコーナースリーもこない
戻ったスマートがスリー決める、リード10点に
交代 ストゥールース→ヒーロ
ここでセルティックスがターンオーバー、大きい
ラウリーが得点決めて粘る、さすが
ホーフォードのスリーでリード一桁に
アデバヨがオフェンスリバウンド奪ってエンドワン!
交代 ラウリー→ビンセント
ヒーロがこない、厳しい
ヒートがボール奪うも点につなげられない、もったいない
セルティックスのターンオーバーで救われる
ここでオラディポがエンドワン、いってほしい
テイタムの外こない、ほんとにありがたい
そしてタッカーのコーナースリーが決まる
守備でもタッカーがずっとハッスル、頼もしい
交代 タッカー→マーティン
マーティンの外こない、オープンで打ててはいるけれど
オラディポの守備が際立つ
交代 マーティン→ラウリー、オラディポ→ストゥールース
ヒーロ難しいショット決める、リズム作れるか
15点差を保って4Qに

 

Q4 22-31

交代 ラウリー→マーティン
テイタムがまるで入らない、ラッキーすぎる
アデバヨのジャンパー決まる
ヒーロがこない。。
お互い守備で粘る
いい守備からトランジションもスマートにテイクチャージ奪われる
交代 アデバヨ→デッドモン
ビンセントにテクニカル、もったいない
ヒーロがこない。。。
セルティックスのスリー決まりまたリード一桁に
交代 ビンセント→ラウリー、マーティン→タッカー、ストゥールース→オラディポ
セルティックスのチャレンジ成功、嫌な感じ
交代 ヒーロ→ストゥールース
ヒートはリバウンド頑張りたい
息詰まる展開が続く
アデバヨが派手なダンク!いってほしい!
オラディポのスティール!セルティックスはターンオーバーが止まらない
ヒートも危うくターンオーバーというところでボールはタッカーの元に、決める
スマートが強引にくる、守備でテイクチャージも、敵ながらあっぱれな活躍
オラディポまたスティールもトランジション決めきれず
逆に得点奪われリードまた一桁に
テイタムが肩?痛める、大丈夫か
オラディポこない、バトラー不在がきつい
ここでブラウン決めてきてリード6点に
さらにはラウリーがターンオーバー、きつい
ブラウンが落とさない、クラッチゲームへ
タッカーがゴール下フリーも決められない
テイタムも戻ってくる、なぜセルティックスの選手ばかり…!
アデバヨが守る!
ラウリー決められない、バトラーが恋しい
ブラウンのスリーで1点差に…
ここでストゥールースがスリー!TDガーデン再び黙らせる!!
ヒート守り切る!
時間ないところでアデバヨの厳しいジャンパー入る!エンドワンじゃないのか!
そしてまたセルティックスはターンオーバー!
タッカーが大事なフリースロー決める、勝負ありか
ブラウンのスリー決まらずも、ルーズボールファール取られる
危うくターンオーバーされそうになるも何とかフリースロー
オラディポ1本外すも2本目はしっかり成功
ここでラウリーがインバウンズ狙ってスティール!セルティックスは24個目のターンオーバー
ストゥールースの得点で9点差に!これで決まり!
ブラウンがスリー決める、諦めない
ヒートもフリースロー着々と決める
アデバヨ30得点超え
6点リードで勝利、19スティールはプレーオフのレコード

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2022-05-22 09:30 ヒート VS セルティック

https://nba.rakuten.co.jp/games/42100303

 

ピックアップ

バム・アデバヨ(42分)

31得点、10リバウンド、6アシスト、4スティール、1ブロック、フィールドゴール15/22(68.2%)、スリーポイント0/1(0.0%)、フリースロー1/1(100.0%)、1ターンオーバー、3ファール、+17

 

タイラー・ヒーロ(20分)

8得点、2リバウンド、3アシスト、0スティール、0ブロック、フィールドゴール4/15(26.7%)、スリーポイント0/6(0.0%)、フリースロー0/0(-.-%)、0ターンオーバー、1ファール、+2

 

前戦わずか6得点、攻撃でも貢献してくれないと困ると思った矢先。

アデバヨがやってくれました。

プレーオフハイに迫る31得点。

今回のプレーオフで初めて30得点を超える活躍でチームを勝利に導きました。

このアデバヨがずっと見たかった…!

特にバトラー不在のなか、攻守でチームの支柱に。

やはりやればできる選手。

あとはこれを続けてくれたら。

 

反対にステップアップしきれていないのがヒーロ。

この試合接戦に持ち込まれてしまった要因のひとつに。

まだ3シーズン目、心身ともに疲労感は凄いはず。

Quetionableに入っていますし、痛いところも沢山あるはず。

それでも期待せずにはいられません。

どこかで大爆発してくれたらいいのですが、はたして。

 

この試合ヒートはプレーオフレコードの19スティールを記録。

復帰したラウリーが貫禄の4つ、バトラー欠場の影響で後半から出場となったオラディポも4つ。

そこにアデバヨも4つ、タッカー3つ、バトラー2つ、ビンセントとマーティンが1つずつ。

ターンオーバーからの得点は実に33得点。

セルティックスの9点に大差をつけることができました。

攻撃のリズムが悪くなっても守備で粘れるのはやはり強い。

続けてほしい。

 

バトラーはいかに

追い上げられながらも何とか逃げ切ったヒート。

敵地で貴重な1勝をあげて2-1とリード。

バトラーが後半いませんでしたが勝ち切れたのは大きい。

選手たちも大きな自信になったのではないでしょうか。

 

突破王手を目指すヒートの次戦は5/24火曜日。

引き続き敵地ボストンでの試合に臨みます。

セルティックスはロバート・ウィリアムズⅢ世がQuetionableに。

そしてこの試合で途中怪我をしたテイタムとスマートもQuetionable。

ただホームで連敗を避けたいでしょうし、多少無理はしても出てくるのでしょう。。

 

ヒートで気になるのはやはりバトラー。

今のところはQuetionableに。

シリーズもリードしていますし、無理はしてほしくない。

ただセルティックスにつけ入るスキを与えたくもない。

難しいですね。。

その他にもラウリー、タッカー、ヒーロ、ストゥールース、ビンセントもQuetionable。

どうなることか。

 

それでは、ヒートの応援を一緒に楽しみましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1