ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2022.5.20プレーオフECF#2)

無敗のジンクス

前の試合は主力を欠くセルティックスに勝利したヒート。

カンファレンスファイナルの初戦をしっかり取りました。

これでまずは1-0です。

 

連勝を狙うヒートですがセルティックスはスマートとホーフォードが復帰。

これは大きいですね。。

ホームでの敗戦は避けたいところ。

ただセルティックスは選手も復帰しますし、ここまでプレーオフで連敗なし。

ヒートもホームではまだ負けてないですし、ビンセントがスタメンの試合もまだ全勝。

どちらのジンクスが強いのか。

 

そんな状況で待ち遠しいラウリーの復帰はまだ見えておらず。

守備が固いタフな相手ということもあり、ラウリーの試合を作っていく能力が欠かせない場面。

早く戻ってきてほしいですね。

 

それでは試合を振り返っていきましょう。

 

対 ボストン・セルティックス

MIA 102-127 BOS

FG% 44.2%

3P% 29.4%

FT% 72.7%

リバウンド 42(OR 12 DR 30)

アシスト 21

ターンオーバー 15

 

Q1 24-35

タッカーのコーナースリーから
復帰したスマートのアシストが続く
お互い守備がいい
ビンセント1本目のスリー決める
ホーフォードのスリーもくる、復帰組の存在感が際立つ
バトラーも引き続き良さそう
ストゥールースも外くる、ヒートの外が立ち上がりよく決まる
ストゥールース連発、あっという間にリード二桁に
タッカーがオフェンスリバウンド頑張る
バトラー普通にスリー打ってる 笑
ヒートの得点止まる、オフェンスリバウンドからのチャンスも活かせず
交代 アデバヨ→デッドモン、ストゥールース→ヒーロ
ヒートの外の格律も落ち始める
嫌な流れでテイタムからバトラーがテイクチャージ、テイタム2つ目
そしてヒーロがエンドワン獲得
セルティックスも追いついてくる
交代 タッカー→オラディポ
ヒート得点伸ばせず遂に逆転許す
オラディポもこない
交代 ビンセント→マーティン
セルティックスのスリーが決まる、ビハインド二桁に
バトラーもスリー決め返す
11点ビハインドで1Q終了

 

Q2 21-35

交代 バトラー→ストゥールース、デッドモン→アデバヨ
2Qに入ってもセルティックスの外が落ちない
ヒーロの得点に期待したい
スマートはアシストがどんどん増える
ヒート攻めきれないシーンも、点が取れない
交代 オラディポ→バトラー、マーティン→タッカー
ビハインド20点近くに、厳しい
スマートは守備もいい、改めて抜群の存在感
アデバヨがようやく初得点、もっといってほしい
ヒートは守備頑張って流れ取り戻したい
交代 ヒーロ→ビンセント
ヒートはオフェンスリバウンドで粘る
セルティックスと対象的にヒートの外が決まらない
ビンセント→アデバヨのコンビネーション、これをもっと
テイタムがシュート落とさない
ビンセントがいいところで得点、つなぐ
アデバヨがエンドワン獲得、何とか頑張ってほしい
ヒーロがターンオーバー、セルティックスの守備がいい
ヒート乗り切れない
ビハインド30点近くに
交代 ヒーロ→マーティン
25点ビハインド

 

Q3 26-26

スタメンで後半開始
ヒート後半立ち上がりも得点取れない
バトラーのフリースローで粘る
スマートがサーカスショットでエンドワン、今日はセルティックス全て上手くいく
ヒートは攻守でリズムが出ない
ビンセントのスリー、乗っていけるか
後半はスマートのシュートも決まり始める
交代 タッカー→オラディポ
ヒートも高い位置から当たっていく
バトラーが得点伸ばすも時既に遅し感
ビンセントがまた外決める、何とか20点差に
バトラーがエンドワン獲得、ジワジワと詰める
ヒートここでゾーン、セルティックスかわす
交代 ビンセント→ヒーロ
ヒートもチャンスあるけどセルティックスが流れは渡さない
交代 ストゥールース→ダンカン、アデバヨ→デッドモン
タイムアウト明けターンオーバー、厳しい
ダンカンこない
スマートは決める
また離されていく
テイタムも決める
ダンカンこない
オラディポが速い、次戦以降の切り口になればいいけど
25点差のまま4Qへ

 

Q4 31-31

交代 バトラー→マーティン
デッドモンのサイズ活かしていけるか
マーティンゴール下決められず
ヒーロもこない
また30点差に
ホーフォードのスリー決まる、セルティックスの外落ちない
7分以上残してファン帰り始める
6分以上残してお互い主力は下がる
交代 デッドモン→ヤルツェヴン
オラディポ攻める
交代 ヒーロ→ハイスミス
ヒートはこの時間もミスが
ダンカンが足痛そうに
結局25点差で終了

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2022-05-20 09:30 セルティックス VS ヒート

https://nba.rakuten.co.jp/games/42100302

 

ピックアップ

バム・アデバヨ(29分)

6得点、9リバウンド、2アシスト、0スティール、0ブロック、フィールドゴール3/6(50.0%)、スリーポイント0/0(-.-%)、フリースロー0/1(0.0%)、1ターンオーバー、3ファール、-5

 

ダンカン・ロビンソン(14分)

6得点、5リバウンド、3アシスト、1スティール、1ブロック、フィールドゴール3/7(42.9%)、スリーポイント0/4(0.0%)、フリースロー0/0(-.-%)、0ターンオーバー、0ファール、-6

 

アデバヨ厳しかったですねー。

リングを見ないよくないパターン。

佐々木クリスさんもYou Tubeで指摘してました。

フリースロー獲得も1本だけ。

何かコンディションの問題があるのか。

攻撃での貢献も期待したいです。

というか貢献がないと厳しいです。

 

そして点差があったこともあり出場機会を得たダンカン。

ただ入ってから立て続けにスリーを放つも決められず。

結局この試合4本打って成功なし。

せめて1本でも決めてほしかった。

それでもストゥールースのコンディションを考えると次戦はもっと時間を、とも。

ただ終了間際には足を痛そうにしているシーンも。

苦難の時期が続いてます。

 

この試合もバトラーが安定の29得点。

ただそこに続く選手が、というところ。

バトラーはチームを背負う覚悟を見せているとはいえ、やはり他の選手の両エンドでのさらなる奮起が不可欠。

アデバヨだけでなく、ヒーロ、オラディポはじめ他の選手もやれるはず。

ステップアップを待ちましょう。

 

そして敵地へ

ホームでセルティックスに大敗したヒート。

これでシリーズは1-1に。

まースマートとホーフォードが不在でもらった勝ちを返したということで。

 

連敗を避けたいヒートはボストンへ。

5/22日曜日に第3戦目に挑みます。

セルティックスは主力の欠場はない様子。

バックスとのシリーズではホームでも取りこぼしをしているみたいですが、どんな展開になるか。

 

対するヒートはラウリーを含め、タッカー、ストゥールース、ビンセントがQuestionableに。

2戦目の展開を考えるとラウリーに出てほしいですがコンディションはどうなんでしょう。

シクサーズとの2戦は結局厳しいパフォーマンスでしたし。

嫌な流れを変えるきっかけになってほしいですが…。

 

それでは、ヒートの応援を一緒に楽しみましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1