ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2022.4.9レギュラーシーズン#81)

首位を決めてのホーム最終戦

前の試合はホーネッツ相手にしっかり勝利をおさめたヒート。

連勝も5まで伸びました。

このまま無敗でシーズンを終えられるか。

 

そんなヒートはいよいよレギュラーシーズンの最終戦

ホークスを迎えての一戦に挑みます。

プレーインに向けて順位を上げるべく戦っているホークス。

ヤングは好調そうですし、コリンズ不在とはいえカペラもオコングもいます。

油断なりません。

 

そしてヒートはバックスとセルティックスの試合でバックスが勝利したことで東の首位が確定!

いやー、ついに決まりましたね。

補強もよかったので期待はしていたのですが、ここまで上手くいくとは。

素晴らしいレギュラーシーズンになりました。

プレーオフもこの調子でいってほしいです。

ということでタッカーはホークス戦含め、レギュラーシーズン残り2試合は欠場。

マーティンがスタメンに入ることに。

そしてヤルツェヴンも風邪で欠場とのことです。

あとはコロナのプロトコルに入っていたスポが復帰。

ホーム最終戦どうなるか。

 

それでは試合を振り返っていきましょう。

 

対 アトランタ・ホークス

MIA 113-109 ATL

FG% 55.6%

3P% 42.3%

FT% 78.6%

リバウンド 33(OR 4 DR 29)

アシスト 20

ターンオーバー 17

 

Q1 24-22

立ち上がりからリバウンドが取れない
ラウリーのスリー早速決まる
ヤングにはマーティンがつく
アデバヨがいい
マーティンのスリー確率が上がってこないか
アデバヨがポストで力強い攻撃を披露
交代 バトラー→ヒーロ
ヒートが立て続けにターンオーバー
ヒーロ→アデバヨのアリウープダンク!
交代 アデバヨ→ヤルツェヴン
ヒートのターンオーバーの多さが気になる
ラウリーがテイクチャージ取ってもらえない
交代 ラウリー→ビンセント、ストゥールース→ダンカン
ヒーロが凄い態勢からビンセントにパス、ビンセントがスリー決める
ビンセントがステップバックジャンパーも成功、調子良さそう
ホークスは外からまるで決まらない
最後はビンセントがブザービートでスリー!
2点リードで1Q終了

 

Q2 32-39

交代 マーティン→バトラー
戻って早々にバトラーがエンドワン獲得、フリースローは外す
ダンカンが1本目のスリー決める、ヒーロのアシスト5個目
ヒーロはシュートの確率も高い
ホークスはボグダノビッチが決めてくる
バトラーがフリースロー量産
ホークスも粘る
バトラーのオフェンスファールでボグダノビッチとバトラーが話し合い
交代 デッドモン→アデバヨ
ヒートはリバウンド取りたい
アデバヨがゴール下にナイスパス、スティールも
交代 ビンセント→ラウリー
ダンカンのスリーが落ちる、今日はそうでもない日か
交代 ダンカン→ストゥールース、バトラー→マーティン
アデバヨがカペラとの1対1を制して決めきる、速い
ラウリーがアデバヨに勝負させる
ストゥールースようやく初シュート、決まらない
交代 ヒーロ→バトラー
ヤングが凄い
ラウリーが残り5秒でエンドワン獲得、フリースローは外す
5点ビハインドで後半へ

 

Q3 35-26

スタメンで後半開始
後半もヤングが決めてくる
ストゥールースがようやく初得点
アデバヨがオフェンスリバウンド頑張る
ストゥールースの外決まる、後半くるか
ラウリー→バトラーでタッチダウン
ヤングにすつのはバトラーに変更か
バトラーのジャンパーが決まる
ヤングが凄い
ヒートの外がこない
と思ったらラウリーのプルアップスリー決まる、さすが
ベンチも盛り上がる
交代 バトラー→ヒーロ
ストゥールースも続く
マーティンがドライブで守備切り裂く、エンドワン獲得
マーティンが連続でアタック、積極的
交代 ラウリー→ビンセント、アデバヨ→デッドモン
ヒーロがまたナイスパス、ルーズボールでもハッスル!
ヤングがフリースロー落とさない
交代 ストゥールース→ダンカン、マーティン→バトラー
ヤングとタッカーがトラッシュトーク
バトラーの確率が落ちない
デッドモンがヤングをブロック!
4点リードで4Qへ

 

Q4 22-22

ヒートはターンオーバーから
ヒーロがトランジションディフェンスでボールもぎとる
ビンセント魂のディフェンス、ターンオーバー誘う
ダンカンがインバウンズでパスミス、もったいない
デッドモンが足痛める、ロッカーへ
交代 デッドモン→アデバヨ
ダンカンが外決める、くるか
交代 ビンセント→ラウリー
アデバヨがスティー
ヒートはなかなかリード奪えない
交代 ダンカン→ストゥールース
ヤングにはバトラー
ラウリーがスティール!
アデバヨも得点伸ばす
ヒートのターンオーバーが減らない
ストゥールースの守備が狙われる
ホークスもターンオーバーある
ここでヒーロのスリーがバウンドして決まる!逆転
ヤングにはダブルチーム
ラウリーのナイスパスからアデバヨのダンクで逆転!
交代 ストゥールース→マーティン
タイムアウト明けヤングには打たせず、外のガリナリにパス出すもマーティンがナイスクローズアウトでスリー決まらず
ホークスがファールゲーム仕掛けるもヒーロ冷静に2本決めて勝負あり
4点差で勝利

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2022-04-09 09:00 ホークス VS ヒート

https://nba.rakuten.co.jp/games/22101207

 

ピックアップ

バム・アデバヨ(33分)

24得点、6リバウンド、4アシスト、2スティール、0ブロック、フィールドゴー8/14(57.1%)、スリーポイント0/0(-.-%)、フリースロー8/10(80.0%)、1ターンオーバー、2ファール、+6

 

タイラー・ヒーロ(33分)

15得点、5リバウンド、9アシスト、1スティール、0ブロック、フィールドゴール6/12(50.0%)、スリーポイント1/2(50.0%)、フリースロー2/2(100.0%)、1ターンオーバー、1ファール、+3

 

アデバヨがチームハイの24得点。

特にQ4では逆転のダンクを含む、チーム最多の7得点。

カペラ相手にアタックするシーンもありましたし積極性を見せてフリースローも10本獲得。

もちろん頼もしいのは攻撃だけではありません。

ヤングのような良いガードが相手だとアデバヨの守備の汎用性の高さも改めて際立ちます。

プレーオフでの活躍も楽しみです。

 

そしてアデバヨに続く4Qで5得点を上げたのがヒーロ。

この試合は得点こそ15と控えめでしたが9アシストでターンオーバーは1つだけ。

恐らくこの試合も強引にいけば20得点は取れたはず。

それでも素晴らしい選択を積み重ねてこの結果。

成長が止まりません。

 

タッカーが欠場ということもあり、ダンカンとビンセントがベンチから出場。

プレータイムはダンカン20分、ビンセント17分。

この試合ではビンセントが攻守で存在感があった印象。

スタメン出場となったマーティンもプラスマイナスではストゥールースにつぐ+10。

前の試合ではダンカンが大爆発でしたし、プレーオフどうなるか。

 

そして最終戦

ホークス相手にホーム最終戦を見事勝利で飾ったヒート。

ホームでの成績は29-12と大きく勝ち越し。

これで連勝も6と伸びました。

 

そしていよいよレギュラーシーズンも最終戦

4/11の月曜日に敵地でマジックと戦います。

4/10の日曜日だと思っていたのですが…!

マジックは直近も負け越し東の最下位も確定。

ヒートは主力がどれくらい出てくるでしょうか。

どちらにせよ有終の美といってほしところです。

 

それでは、ヒートの応援を一緒に楽しみましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1