ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2022.1.20レギュラーシーズン#45)

揃うようで揃わない

 

前戦ではラプターズにしっかりと勝利したヒート。

アデバヨの復帰戦を見事に勝利で飾りました。

渡邊はコンディションが良くなく欠場でしたが、アチウワは元気そうでよかったです。

 

ここからまた連勝といきたいヒート。

次はホームにブレイザーズを迎えます。

ブレイザーズは前回対戦では欠場していたマッカラムが復帰

アンファニー・サイモンズも相変わらず好調なようです。

勝ち星も増やしてきていますし楽には勝てないでしょう。

 

ヒートのメンバーはこの試合もラウリーが個人的な理由で欠場

そしてヒーロがコロナのプロトコルに。

せっかくアデバヨが戻ったのに残念です。

選手が揃うようで揃わないですね。

モリスとオラディポもいつ戻るか。

早く全員揃った試合が見てみたいです。

 

それでは振り返っていきましょう。

 

対 ポートランド・トレイルブレイザーズ

MIA 104-92 POR

FG% 46.3%

3P% 34.3%

FT% 72.0%

リバウンド 43(OR 9 DR 34)

アシスト 24

ターンオーバー 16

 

Q1 23-26

前戦と同じスタメン
攻撃ではアデバヨが起点になること多そう
ビンセントが積極性見せる
ヒートのターンオーバーが立ち上がり多め
序盤からヒートの守備がいい
タッカーのコーナースリーがこない
ブレイザーズは外から中心、ヌルキッチのサイズも使いつつ
ダンカンのコーナースリーが決まる、いけるか
ヒートはリム周りのシュート精度上げていきたい
ヌルキッチが2つ目のファール、大きい
形は作れているがヒートの外の確率上がってこない
マッカラムの攻撃力が際立つ
交代 ビンセント→ストゥールース
ストゥールースがコートに入って早速スリー成功
ダンカンも決めたかと思ったらその前にファールあり、惜しい
交代 アデバヨ→デッドモン
タッカーからのハンドオフでダンカンがスリー
マッカラムが止まらない
交代 ダンカン→ガイ、タッカー→マーティン
ガイが早速ミドルジャンパー決めて積極性を見せる
交代 バトラー→ビンセント
ヒートがゾーンディフェンス
3点ビハインドで2Qへ

 

Q2 35-30

ヒートがゾーン続ける、ベンチメンバー中心のブレイザーズに効く
ストゥールースが連続でスリー成功、ビンセントも続く
ヒートが一気にリード広げる
ブレイザーズタイムアウト明け主力戻るもヒートがフルコートで当たってボール運べす、再度タイムアウト
そのタイムアウト明けもインバウンズ失敗でターンオーバー、ヒートの守備が光る
交代 デッドモン→アデバヨ
マーティンが華麗なステップでディフェンス置き去りにして得点、調子良さそう
サイモンズの外がよく決まる
交代 ビンセント→バトラー
アデバヨも積極的に得点重ねる
ブレイザーズはサイモンズとマッカラムで粘る
交代 マーティン→タッカー、ガイ→ビンセント
バトラーにテクニカルが立て続けに2つ?退場に
交代 バトラー→シルヴァ
交代 シルヴァ→マーティン
サイモンズが終盤にかけて連続で得点
最後のブレイザーズの攻撃でボール奪う、ボーナスでフリースローも獲得
交代 アデバヨ→ヤルツェヴン
2点リードで折り返し

 

Q3 20-24

退場になったバトラーの代わりにマーティンがスタート
ビンセントの外が確率上がってこない
ダンカンのスリーもこない
ヒートが後半立ち上がり得点取れずブレイザーズにラン許す
ビンセントのミドルジャンパーでようやく得点
ヌルキッチのオフェンスリバウンドが続く
アデバヨとダンカンのコンビネーションは安定感あり
マーティンのトランジションスリーも、エンジンかかってきたか
交代 ビンセント→ガイ
ガイは後半も積極的だけど確率は上がらない
交代 タッカー→ストゥールース
マーティンがファールもらいながらダンク!
ブレイザーズもミスがあり一進一退の展開に
マーティンがスリーも、好調キープ
交代 アデバヨ→デッドモン、ダンカン→ビンセント
2点ビハインドで3Q終了

 

Q4 26-12

交代 マーティン→タッカー
ガイが少し空回りか
交代 ガイ→ダンカン
デッドモンを上手く使って攻めていく
ブレイザーズもシュート落としてくれて助かる
デッドモンのプットバックダンク!
ヒートの守備が終盤になるにつれ強度増していく
交代 デッドモン→アデバヨ、ダンカン→マーティン
ヌルキッチ5つ目のファール、でかい
サイモンズにはしっかりヘルプディフェンスで対応
ヒートも点が取りきれず突き放せない
アデバヨが攻める、ガンガンいってほしい
ヒートの守備が強烈過ぎる
アデバヨの決定力、ヒートのリード広がる
タッカーのオフェンスリバウンドからアデバヨのエンドワン!強い!
ヌルキッチがフリースロー失敗、アデバヨのリバウンドが二桁に
ストゥールースのスリー!遂にヒートのリード10点以上に広がる
マッカラムが足痛めたようにも見えたけど…
ヒートがゴール下死守
ビンセントが獲得したフリースローをしっかり2本決めて勝負あり
アデバヨのジャンパーも決まりブレイザーズ諦める
最終的には12点リードで試合終了

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2022-01-20 09:30 トレイルブレイザーズ VS ヒート

https://nba.rakuten.co.jp/games/22100672

 

ピックアップ

ケイレブ・マーティン(32分)

26得点、8リバウンド、2アシスト、0スティール、0ブロック、フィールドゴール8/12(66.7%)、スリーポイント3/5(60.0%)、フリースロー7/7(100.0%)、1ターンオーバー、2ファール、+15

 

バム・アデバヨ(32分)

20得点、11リバウンド、4アシスト、5スティール、3ブロック、フィールドゴール8/12(66.7%)、スリーポイント0/0(-.-%)、フリースロー4/7(57.1%)、3ターンオーバー、2ファール、-1

 

途中バトラーが退場してしまうトラブルがありつつもマーティンの活躍で問題なし。

オフェンスでも外から中からフリースローラインから得点を量産

ディフェンスでも相手のボールハンドラーにプレッシャーをずっとかけていました。

4Qブレイザーズの攻撃が停滞した要因のひとつであることは間違いありません。

こうやって若い選手がその才能を開花させていくのを楽しめるのもヒートファンの楽しみですね。

 

そして復帰2戦目のアデバヨが早くも20得点以上のダブルダブル

バトラー、ラウリー、ヒーロがいない状況で攻撃を牽引しました。

もちろん守備でのパフォーマンスも圧巻です。

5スティール、3ブロックという数字もそうですが、相手のガードを普通に守れるのは久しぶりに見ると改めて凄いなと。

 

この試合でもヤルツェヴンはほぼ出番なし。

デッドモンが15分で12得点、8リバウンドと安定感があるだけに立場は少し厳しいでしょうか。

それでも併用という形やコンディションの関係でチャンスはまだあるはず

来年以降も見据えて成長を見守れたらいいですかね。

 

ダンカンはこの試合それほど悪くないかなとも見えましたが23分のプレーにとどまりました。

マーティンとストゥールースがともに32分のプレー。

二人が好調ということもあり競争が激しくなってきています。

少しコンディションの問題もあるような話もどこかで見た気が。

ここからどうなっていくか注目です。

 

1試合だけアウェーへ

ブレイザーズを終盤の見事な守備で寄り切ったヒート

バトラーが退場してしまうトラブルも乗り切りました。

前の試合ではラウリーとヒーロが退場しましたし、ブレイザーズ戦は必ず誰か退場することになっているんですかね。笑

 

連勝を伸ばしていきたいヒートは次戦1試合だけアウェーに。

1/22土曜日にホークスと敵地で対戦します。

先週立て続けに勝利した相手でもありますし、勝ちたいですね。

 

ラウリーはこの遠征も帯同せず欠場とのことです。

プロトコル入りしたヒーロやモリス、オラディポもマイアミに残る様子。

また若手の躍動が見られるか

 

それでは、ヒートの応援を一緒に楽しみましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1