ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2021.11.12レギュラーシーズン#12)

勝ちたい

前の試合ではレイカーズにオーバータイムの末惜しくも敗れたヒート。
今季初の連敗です。
バトラー不在の中接戦にまで持ち込みましたが、勝ちたかった。
特に嫌な敗戦の後でしたしね。
 
とはいえ試合は続いていきます。
ロサンゼルスでバック・トゥ・バック。
クリッパーズと戦います。
 
クリッパーズは開幕序盤にこけてから5連勝中。
レナード不在の中PGが奮闘しています。
ただ相手に恵まれている部分もあったので調子は計り知れません。
ヒートはストゥールースが戻ってきたもののバトラーが欠場。
どうなるか。

 

それでは振り返っていきましょう。

 

対 ロサンゼルス・クリッパーズ

MIA 109-112 LAC

FG% 44.3%

3P% 22.0%

FT% 82.4%

リバウンド 50(OR 18 DR 32)

アシスト 18

ターンオーバー 15

 

Q1 40-25

バトラーの代わりにヒーロがスタメン

ダンカンの最初のスリーが決まる
アデバヨが開始から積極的に攻撃を主導
ヒーロもそれに続いて得点
守備でスイッチのミスのように見えるシーンも
交代1 タッカー→マーティン
ヒートが序盤からリードを広げていく
アデバヨのアタックが止まらない
ズバッツがでかい
交代2 ラウリー→ビンセント
クリッパーズはPG中心にゲームを運ぶ
ヒートはゾーンを多めに使って守る
交代3 ダンカン→ストゥールース
交代4 アデバヨ→デッドモン
アデバヨは1Qだけで19得点
復帰したストゥールースが連続でスリーを決める
ヒートの得点が止まらない
最後は守りきれなかったけど大量リード

 

Q2 18-31

交代1 ヒーロ→ラウリー
ストゥールースがオープンスリーを外してしまう
ビンセントのスリーもこない
得点取れずあっという間にリードが一桁に
交代2 ストゥールース→ダンカン
ヒートはフルコートのゾーンを仕掛ける場面もあり
交代3 ダンカン→ストゥールース、デッドモン→アデバヨ
守備はいいけれど得点が伸びない
ビンセントがスティー
ゾーンの多用を続ける
交代4 マーティン→ヒーロ、ビンセント→タッカー
アデバヨはボール持つと積極的だけど持つ回数が減る
ストゥールースが立て続けに外す
ヒートは1Qのようにクリッパーズを突き放せない
交代5 ストゥールース→ビンセント
ラウリーのシュートもこない
どんどん点差縮まって遂には同点に
ヒーロの得点で何とかリードして前半終了

 

Q3 20-30

スタメンで後半開始
後半立ち上がりもヒートは点が取れない
早々に逆転を許してしまう
タッカーのスクリーンアシストでヒーロ連続得点
ヒーロもこの日は外がこない
このクォーターも守備はいいけど得点できない時間が長くなる
粘ってアデバヨがエンドワン獲得もフリースロー外す
ヒートの外が入らない(このクォーター1/10)
タッカーがブロックされるけどテンディングでは…
交代1 ラウリー→ビンセント
ヒーロの2点でなんとか試合をつなぐ
ヒートは後半もゾーンディフェンス使う
ようやくダンカンのこの日2本目のスリー
ズバッツでかい
ダンカンまたエアボール…、オープンも外して厳しい
交代2 アデバヨ→デッドモン、ダンカン→マーティン、タッカー→ラウリー
何とか一桁差でついていく

 

Q4 31-26

交代1 ヒーロ→ストゥールース
開始早々二桁差に広げられてしまう
交代2 デッドモン→アデバヨ
ヒートはこのクォーターでもゾーンディフェンス
惜しいけどもう一歩のところで止められない
交代3 ビンセント→ヒーロ
ヒーロの外が終盤になってもこない
マーティンがコーナースリー決める、もっと思い切り打ってほしい
ラウリーのプルアップスリーも決まってジワジワ点差詰めていく
クリッパーズもPGが勝負強くて簡単には縮まらない
交代4 ストゥールース→ダンカン
交代5 マーティン→タッカー
4Qに入ってラウリーの得点がぐんぐん伸びる
ヒートが点差詰めてクラッチゲームに
選手たちに若干疲労が見え隠れ
ダンカンがズバッツをブロック
そこからダンカンのスリーは入らないけどアデバヨがオフェンスリバウンドから得点
PGがアデバヨからテイクチャージ
ラウリーが4ポイントプレー決める!
PGがまたアデバヨ止める、恐るべし
ラウリーがエンドワン獲得!
1点差につめよる
ラウリーがスティール!
ダンカンのスリー決まらず。。時間と点差と今季の調子からみて正解だったかどうか。。
ラウリーの得点で1点差に、残り4.9秒
交代6 ダンカン→マーティン
ファールして残り3.9秒で、レジー・ジャクソンフリースローを両方決める
タッカーのインバウンズパス通らず試合終了

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。 

2021-11-12 12:30 ヒート VS クリッパーズ

https://nba.rakuten.co.jp/games/22100173

 

ピックアップ

ダンカン・ロビンソン(26分)

6得点、9リバウンド、3アシスト、1スティール、2ブロック、スリーポイント2/11(18.2%)、フリースロー0/0(-.-%)、0ターンオーバー、5ファール、+11

 

バム・アデバヨ(39分)

30得点、11リバウンド、0アシスト、1スティール、1ブロック、フィールドゴール12/18(66.7%)、フリースロー6/8(75.0%)、2ターンオーバー、3ファール、-5

 

ダンカンのスリーが上がってきません。

今季はエアボールが多いのも気になります。

もちろん相手のマークも厳しくなり、ボールも変わってと状況も変わっていますが。。

フラストレーションも溜まってかファールも多く出場時間が短くなる試合もチラホラ。

どうなることか…。

 

この試合30得点を上げたアデバヨですが、1Qのパフォーマンスだと40点とってもおかしくない試合でした。

エルボー付近でボールを持つとあらゆる方法でオフェンスを牽引。

ただ2Q以降はベースライン付近にいることが多くボールを触る機会も少なめに。

この辺りは相手のアジャストに対抗してだったのでしょうか。

個人的にはそれを跳ねのけるくらいやれそうな勢いを感じました。

 

今季のヒートはここまでスリーの波が激しい印象です。

この日はダンカン以外もヒーロが0/6、ビンセントが0/4、ストゥールースが2/8。

マーティンは1/2でしたがもっと躊躇せず打っていいと思ってます。

オープンは作れているので確率は上がってくると信じたいですね。。

  

試練は続く

またもや3点差の惜しいゲームを逃して3連敗のヒート。

これで直近の5試合の成績は1-4。

試練のときが続いています。

まだ勝ち越せている状況でこの壁を超えたいですね。

 

連敗ストップのために次に乗り込むのはユタ。

ジャズとの再戦です。

1週間前にヒートがホームで勝利を上げた相手。

ここ数試合はヒート同様若干勢いが落ちている様子。

敵地とはいえ勝って連敗を止めたいところです。

 

もちろんそのためにもバトラーが戻ってきてほしい。

とはいえ若手中心でも勝てるところが見たいという気持ちもあります。

難しいですね。

 

それでは、一緒にヒートを応援しましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1