ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2021.12.7レギュラーシーズン#25)

ホームで連敗阻止へ

前の試合はヤニス不在のバックスに敗れたヒート。
連勝とはなりませんでした。
さすがにチャンピオンチーム、甘くありません。
 
気を取り直してヒートはホームに帰還
グリズリーズを迎え撃ちます。
ジャ・モラント不在でも勝ち星を重ねる好調なチーム。
リム周りが強いチームらしいのでアデバヨ、モリスの不在は響きそう。
 
ヒートはquestionableになっていたバトラーがスタメンに復帰
頼もしい男が戻ってきました!
どのくらいのコンディションなのかが気になるところ。

 

それでは振り返っていきましょう。

 

対 メンフィス・グリズリーズ

MIA 90-105 MEM

FG% 46.1%

3P% 27.3%

FT% 82.4%

リバウンド 36(OR 7 DR 29)

アシスト 26

ターンオーバー 23

 

Q1 25-34

バトラー復帰、ヒーロがベンチスタート
バトラーの髪型が変わってる、お団子ヘアー
ラウリーがペースを上げる
ダンカンがアリウープレイアップ外す、決めたい
前戦と同じくパスずれてる印象でターンオーバーも多い
バトラーが接触プレーでコートに打ちつけまた痛める…誰か受け身を教えてほしい…
抗議してテクニカルをもらう、苛立ちか
シュートも痛みが気になるのか確率が上がらない
タッカー、ダンカンの外もこない
グリズリーズトランジション、14点差まで一気にビハインドが広がる
交代 ダンカン→ヒーロ
ヒーロの得点でどうにか流れを変える
交代 デッドモン→マーティン
ヤルツェブンではなくスモールラインナップ
交代 バトラー→ビンセント
スリーガードでより小さく
ティールからラウリーのエンドワンで5点差まで詰める
ゾーンディフェンスで止めに行く
ビンセントがターンオーバー…流れが。。
コーナースリーもオープンで外してしまう
結局9点ビハインドで2Qへ

 

Q2 24-26

交代 タッカー→ストゥールース、ラウリー→デッドモン
ゾーンディフェンスを継続
ストゥールースがミス、ヒーロのパスミスも重なる
交代 マーティン→バトラー
バトラー痛そうでも点は取るしスティールも獲得
ザイア・ウィリアムズが足痛める、心配
交代 ストゥールース→ダンカン
アダムズのスクリーンでビンセントが吹き飛ぶ
ヒーロがまたターンオーバー
交代 デッドモン→タッカー、ビンセント→ラウリー
アダムズをハードに止めにいったタッカーにフレグラント
ヒートはターンオーバーを連発してしまう
またビハインドが広がっていく
交代 ヒーロ→マーティン
バトラーがダンクも戻るとき相当痛そう
マーティンのハッスルもあってヒートが6点差まで詰め寄る
ここぞというところでオフェンスリバウンド許してしまう
交代 タッカー→デッドモン
オープンスリーを簡単に許す、また二桁に
最後のポゼッション止められず
11点差で前半終了

 

Q3 18-22

スタメンで後半開始
ダンカンがスリー決めるもその後は切り込んでからのミス連続
オープンでのシュートを許しがちなのが気になる
ケアレスのターンオーバーが後半も
バトラーがスティールもちょっと無理そう、厳しい
交代 バトラー→マーティン
バトラーはロッカールームへ、この試合戻れず
こうなるとアダムズ、JJJが二人とも出ているときのサイズ差がきいてくる
交代 ダンカン→ヒーロ
リバウンドが取れずセカンドチャンスが…ビハインド開いていく
交代 デッドモン→ヤルツェブン、タッカー→ビンセント
ヤルツェブンもリバウンド取れない
またサイドライン出てターンオーバー、守備でのミスも
ヤルツェブン→ヒーロのコンビネーションはいけそう
ゾーンディフェンスで何とかしようと試みる
残り1秒でエンドワン献上、痛い
結局15点ビハインドと差が広がり最終Qへ

 

Q4 23-23

グリズリーズもミスしてくれるのでチャンスありか
マーティンの強烈なダンク!
リバウンドが取れない、アダムスがでかい
守備でギャンブルにいってもかわされる
ヤルツェブン得点決めたい
ヤルツェブンのブロックからヒーロの外
マーティンのスティールも続く
ヒーロのジャンパーで11点差、流れくるか
ターンオーバー…からのスリー決められる。。
またターンオーバー、離される
マーティンがまた派手なダンク!元気
リバウンド、アダムスがデカすぎる
JJJも守るときどうしてもミスマッチに
交代 ラウリー→ストゥールース
観客が減っていく
マーティンがアダムスの上から叩き込もうとする、一人元気だった

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2021-12-07 09:30 グリズリーズ VS ヒート

https://nba.rakuten.co.jp/games/22100356

 

ピックアップ

ジミー・バトラー(25分)

10得点、5リバウンド、4アシスト、3スティール、0ブロック、フィールドゴール4/13(30.8%)、スリーポイント0/1(0.0%)、フリースロー2/2(100.0%)、2ターンオーバー、0ファール、-8

 

カイル・ラウリー(40分)

17得点、4リバウンド、8アシスト、1スティール、1ブロック、フィールドゴール5/9(55.6%)、スリーポイント1/3(33.3%)、フリースロー6/7(85.7%)、4ターンオーバー、2ファール、-15

 

バトラーが復帰も早々に負傷。

その後もしばらくプレーをしましたが見るからに痛そうでした。

逆にいうとあの状態でよくこの数字が残ったなと。

足を引きずるようにコートを往復するバトラーを見るのは辛かったですね。。

 

ラウリーもどうにか試合をコントロールしようと奮闘していました。

気づけば一人40分超えの出場。

次に長い時間プレーしたのは31分のマーティンでそれ以外の選手は30分を切っています。

頼らざるをえないのは百も承知ですが、これでラウリーも潰れたらと考えるとゾッとします。

 

そうなるとどうしても奮闘を期待したいのは若手の選手たち。

活躍する試合もありますが、安定して毎試合貢献できているかと言われると波は感じます。

一皮も二皮もむけていってほしいです。

 

シーズンは止まらない

グリズリーズとの勝ちたい一戦を落としてしまったヒート。

厳しいです。

シーズンは止まらないのでどうにか今の戦力で戦っていくしかありません。

 

連敗を止めたいヒートが12/9(木)にホームに迎える相手はバックス

先日負けたばかりの相手と早くも再戦。

しかもヤニスも直近の試合は復帰した模様。

厳しいです。

 

対すヒートはバトラーが欠場でモリスも復帰ならず

逆戻りしてしまいました。

しかし若手は経験もどんどん積んで前進しているはず。

期待しています。

 

それでは、一緒にヒートを応援しましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1