ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

NBA_八村塁観戦記(2020.8.6#68)

厳しいけれど

インディアナ・ペイサーズに力負けして再開後の勝利をまだあげられていないワシントン・ウィザーズと八村塁。

ブルックリン・ネッツが想像以上に健闘していてプレーオフは正直かなり厳しいです。

ウィザーズがやりたかった展開をそのままネッツがやってる感じです。

なかなか思い通りにはいかないですね。笑

 

状況はかなり難しくなってきましたがプレーオフに出られなくても残りの試合は若いメンバーたちにとって貴重な経験になるはず。

一試合一試合、一ポゼッション一ポゼッションを大切にプレーしてほしいです。

 

対するフィラデルフィア・セブンティシクサーズはイマイチ乗り切れず。

プレーオフこそ決めていますが、再開後もインディアナ・ペイサーズには敗れ、サンアントニオ・スパーズにもギリギリの勝利。

試合中に選手同士が言い合うシーンも見られました。

 

ジョエル・エンビードやベン・シモンズを中心に潜在能力の高いチームですが付け入るスキはありそうです。

ベン・シモンズは再開後PFとしてプレーしているので八村とマッチアップ。

強敵相手に八村はどこまでやれるでしょうか。

 

それでは振り返っていきたいと思います。

 

対 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

 

WAS 98-107 IND

Q1 20-26

Q2 27-28

Q3 27-23

Q4 24-30

 

第3クォーターまで接戦に持ち込めたのですが逆転には至らず。

再開後4連敗を喫しました。

 

シクサーズ相手に物怖じせずにアグレッシブにプレーし、ディフェンスも頑張ったのですが…。

一番の敗因は八村の不調かと。

 

何となくですがこれまでの3試合とはオフェンスの仕方が変わっていたような気がします。

2メン、ダイブがより多くなった印象で、来季ジョン・ウォールやブラッドリー・ビールとこんな感じでやってくのかなと。

 

シクサーズはエンビードがさすがの30得点、11得点。

ディフェンス面でも3スティール、2ブロックと圧巻でした。

 

ベン・シモンズのPFもいいなーと思っていたのですが途中で足の怪我でロッカールームへ。

大きな怪我じゃなければいいのですが。。

 

八村のスタッツ

38分

8得点

8リバウンド(ディフェンス6、オフェンス2)

2アシスト

1スティー

0ブロック

フィールドゴール18.2%(2/11)

3ポイント100.0%(1/1)

フリースロー60.0%(3/5)

0ターンオーバー

2ファール

 

この試合も一桁得点。

特に確率が20%を切ったのは致命的です。

敗因と言われても仕方ありません。

 

全体的にタッチが悪かったのですが特にゴール下、レイアップが決まらず。

エンビードがゴール下にいるのがプレッシャーになったのでしょうか。

こういった経験を乗り越えてアベレージで15得点以上取れるようになるといいのですが。。

 

ただこの試合は38分出場、ディフェンスも頑張っていましたし、リバウンドも8取りました。

調子が悪くてもこういった貢献ができるのは大きいです。

 

あとは3Pをもっと打ってほしい!

 

まだやれる

更に厳しい状況に追い込まれたウィザーズと八村。

この時点で8位のオーランド・マジックと7.5ゲーム差。

4ゲーム差に詰めるには残りすべて勝つくらいの勢いが必要です。

ただ可能性はゼロではありません。

まだやれる。

 

その中で八村もかなりタフな経験を重ねています。

それは来季に必ずつながるはず。

他の新人と比べてもかなり良い経験ができていると思います。

 

次の試合は日本時間で8/8(土)の朝9時から、ニューオーリンズペリカンズと。

ザイオン・ウィリアムソンとの新人対決ですね。

楽天も取り上げるようです。

 

ペリカンズはまだまだプレーオフの可能性が十分にあるので確実に勝ちにきます。

ウィザーズは再開後初勝利を上げることができるか…!

 

楽しみに待ちましょう!