ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

NBA_八村塁観戦記(2020.7.26練習試合#2)

調整は続く

オーランドのバブル内でシーズン再開に向けて調整を続けているワシントン・ウィザーズと八村塁。

26日は練習試合の2試合目をロサンゼルス・クリッパーズと行いました。

ちなみに前回の試合は各クォーター10分でしたがこの試合から12分に。

 

クリッパーズはすでにプレーオフ進出は決まっている優勝候補のひとつ。

自慢のベンチ陣は一時的に離脱している選手もいますが、カワイ・レナードやポール・ジョージはコンディションも上々のよう。

 

まずは逆転でプレーオフ進出を目指しているウィザーズと優勝を目指すクリッパーズとではピークのもっていき方は違うはず。

とはいえ八村はじめ若いウィザーズがどこまでやれるかは再開後の試金石となるかと。

 

それでは振り返っていきたいと思います。

 

対 ロサンゼルス・クリッパーズ

 

WAS 100-105 LAC

Q1 24-30

Q2 37-28

Q3 23-18

Q4 16-29

 

前の試合に続いて接戦のすえ敗戦。

惜しい試合でした。

 

ラスト10秒切ったところのタイムアウト明け、ウィザーズのブルックスHCは八村の3Pをデザイン。

しかし、3Pはエアボールで失敗。

決めたかった…。

 

ただ、あのシーンでも八村は周りがよく見えていたようで、ファールを取ろうとしていたと試合後コメント。

ルーキーらしからぬ冷静さ…末恐ろしいですね。

 

ウィザーズはこの試合もよくボールを回し、守備も積極的で好印象でした。

イサック・ボンガが15得点、12リバウンドと存在感を示していました。

 

クリッパーズはレナードがFG3/16(18.8%)、3Pにいたっては8本打ってひとつも決まらずとブレーキに。

それでもしっかり勝つところは流石だなと。

 

八村のスタッツ

27分

15得点

10リバウンド(ディフェンス9、オフェンス1)

2アシスト

2スティー

0ブロック

フィールドゴール35.3%(6/17)

3ポイント0.0%(0/2)

フリースロー60.0%(3/5)

0ターンオーバー

4ファール

 

ダブルダブルということで仕事はしているかと。

ただFGの確率や3Pだったり、もう一声!と思わずにはいられません。

ルーキーでチームの中心になっている時点で凄いんですが…。

 

動きもキレがありディフェンスもよかったと思いますが、ミドルレンジからのシュートがショートになりがちだった気が。

この辺りは試合を重ねることで勘を取り戻すか。

 

あとは前回同様クラッチタイムでのシュートの少なさ。

体力的にも辛く、マークもきつくなるのは分かりますが、それでもやってほしいなと。

 

今日の最後のデザインプレーを見てもコーチもその役割を期待していることが伺えます。

ファールをもらいにいくなり、とにかくリングに向かってほしいです。

 

いいムード

練習試合でまだ勝ちのないウィザーズ。

ただ得点源の上から2人がいなくなったとは思えないほどいいムードに見えます。

調整中とはいえ強豪ともしっかり試合ができていますし、再開後も期待できそうです。

 

八村もルーキーにしてチームの中心になるというとても貴重な経験をしています。

その経験を1試合でも多くできるように何とかプレーイントーナメント、そしてプレーオフへ…!

 

次の試合は最後の練習試合。

28日にレイカーズと。

 

楽しみに待ちましょう!