ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

NBA再開のスケジュール

少しずつ再開に近づいていると今までも書いてきましたが、かなり具体的な日程が出ました!

オーナー会議、選手会の承諾も得て再開まっしぐらです。

 

場所は噂になっていたフロリダ州オーランドのディズニーリゾート。

夢の国貸し切ってのバスケ。

凄いですね。

ディズニーの株買わせていただきます。笑

 

参加チームはイーストが9チーム、ウエストが13チーム。

これは中断前の8位までのチームと8位から6.0ゲーム差以内のチームです。

エストがいかにせめぎあっていたか分かりますね。

 

日程は日本時間で以下の通り。

8月1日:レギュラーシーズン再開(8試合)

8月17、18日:プレーイン・トーナメント

8月19日:プレーオフ開始

9月2日:カンファレンス・セミファイナル開始

9月16日:カンファレンス・ファイナル開始

10月1日:NBAファイナル開始

10月13日:NBAファイナル第7戦

 

まずレギュラーシーズン、単純に約16日で8試合なので2日に1試合。

うーん、移動がないといえタイトです。

しかもかなり間が空いてますからね。

 

そして特徴的なプレーイン・トーナメント。

これは8位と9位の差が4.0ゲーム以内であればその2チームがプレーオフ最後の座を争って試合をするというもの。

 

8位のチームは1勝、9位のチームは2連勝すればプレーオフに進めるというものです。

盛り上がること間違いなしですねー。

 

そしてこのルール、八村塁が所属するワシントン・ウィザーズにとってはプレーオフ出場の可能性が高まったと言えるのではないかと思います。

中断前、ウィザーズは8位のマジックとゲーム差5.5。

残り20試合弱でこの差を埋めるのはなかなか…。

 

しかし、4.0ゲーム差以内に入ればプレーイントーナメントに持ち込めます。

今シーズン直接対決で勝っているわけではないですが、ワンチャン出てきます。

もうそうなる気しかしません。笑

 

その後のプレーオフも7戦まであったとすると2日に1試合のペースが続きます。

いやータフです。

 

こうなってくるとどんなチームに有利か。

こういった状況下でもコンディションを落とさないチーム。

そう、マイアミ・ヒートです!

 

中断からのプレーオフ

正直ヒート優勝の可能性がグッと上がってきました。

 

そんなヒート、最近はオフの移籍話もチラホラ出てきてますね…。

デマー・デローザン、ブラッドリー・ビール、カイリー・ラウリー、ジョエル・エンビードなどなど。

もちろん目玉は来年のヤニスです。

ただ今季も色々あるかもしれません。

それこそ、このプレーオフの結果でまた動きにも影響がありそうですし…。

今季のオフは動きが読めないオフではありますが、今から楽しみです…!

 

少し話がそれましたがシーズンの話に戻しましと、グリズリーズに所属する渡邊雄太について。

本来渡邊のような2wayプレーヤーはプレーオフに出場できません。

しかし、このような状況だと選手の負担を減らすため2wayプレーヤーの登録も期待できます。

 

もし八村、渡邊の二人がプレーオフに出るようなことがあれば…!

日本中が湧きますね。

 

コロナの影響はまだ油断できない状況ですし、人種差別に関する問題も解決は遠いです。

ただ、単純にNBAファンとして前向きなニュースが嬉しいです。

 

楽しみに待ちましょう!