ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

22-23NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2022.10.7プレシーズン#2)

ネッツはどうなのか

プレシーズンの2戦目は敵地でネッツと。

昨季は優勝候補にあげられながらグダグダでシーズンを終えたネッツ。

一時期はKDがトレード志願で移籍先としてヒートの名前が。

よくあれだけ言ってチームに戻れたなと。笑

そして渡邊もプレータムを得られるはず。

楽しみな一戦です。

 

この試合のスタメンはラウリー、ストゥールース、バトラー、ハイスミス、アデバヨ。

バトラーが2戦目でスタメンに。

髪型はもとに戻っていましたね…!

パット・ライリーが元に戻さないとトレードだと言っていたという冗談めいた記事もありましたがホントなんでしょうか。笑

プレシーズンということもあり前戦スタメンのヒーロ、マーティン、オメールが欠場。

さらにデッドモン、オラディポ、ヴィンセントもお休み。

オラディポとヴィンセントは2戦連続ということで少し気になります。

 

それではゲームを振り返っていきましょう!

 

対 ブルックリン・ネッツ戦

MIA 109-80 BKN

FG% 43.2%

3P% 30.6%

FT% 64.0%

リバウンド 46(OR 14 DR 32)

アシスト 31

ターンオーバー 11

 

Q1 25-18

バトラーの紹介写真はドレッドのまま…!笑
結局ネッツはデュラント中心
ヒートは立ち上がりターンオーバーあり
アデバヨにはダブルチームくる
ヒートは守備がいい
アデバヨがめげずに積極性を見せる
ストゥールースの外がこない
ハイスミスが頑張ってるのが好印象
ストゥールースがエンドワン獲得、いい連携
渡邊が早くもコートに、オープンスリー外す
巧みなラウリーにフリースローも献上、ラプターズ時代に見慣れてたのにと試合後のインタビューで後悔の弁も
ラウリーは外からも決める、調子よさそう
ストゥールースはドライブがいい
渡邊がせっかく獲得したフリースローを2本とも外す、よくない
交代 ストゥールース→ダンカン、ハイスミス→ケイン、アデバヨ→ヨヴィッチ
ダンカン早速外から打つけれど決まらない
ケインが速い
交代 ラウリー→スミス、バトラー→ギャレット
ギャレット外打てない、思い切りがほしい
スミス→ケインのパス、躍動感が素晴らしい
シモンズへのダブルチームからヨヴィッチがスティー
ケインも守備でハッスル、若手のディフェンス力凄い
 

Q2 36-25

ケインの運動能力が際立つ、ホントにヒートは良い選手を見つけてくる…!
ダンカンもドライブ多めか
と見せかけてスリー決める
ギャレットがスリー外し続ける、要練習
ダンカンがガツガツ攻める、他の選手もそうだけど各選手の向上心が嬉しい
勢いに乗るダンカンが外も決める、きたか
ヨヴィッチのリバウンドからのプッシュがいい
スミスがスリー、ヒートの若手がネッツ圧倒
ヨヴィッチ→ケインのアリウープ、強過ぎる
交代 ヨヴィッチ→アデバヨ、ギャレット→バトラー、スミス→ラウリー
ネッツはやっぱりKD頼み、それに応えるKDも凄い
ヒートは誰が出ても守備がいい
アデバヨはせっかく積極的にいって獲得したんだからフリースロー決めたい
交代 ダンカン→ストゥールース
ラウリー→アデバヨのアリウープ
ケインも良いディフェンスをしてるけどKDが凄すぎる、ケインは糧にしてほしい
ストゥールースはまだ外がこない
ケインもフリースロー決めたい
ミスを取り戻すかのごとくケインがスティール、いい
KDがホントに止まらない、悪い守備はしていないのに。。
ラウリーがエンドワン獲得で応酬
バトラーの守備ももちろん鋭い
 

Q3 22-14

 
スタメンからバトラー→ダンカンで後半開始
ストゥールースが後半1本目のスリーを決める、ここからくるか
アデバヨが後半も積極性見せるけど立て続けのファールで5つ目
ハイスミスもオープンスリーは決めたい
ラウリーのプルアップスリーは決まる、さすが
ダンカンが結構ドリブルしてるのが新鮮
ハイスミスはまたスリー落とす、決めたい
交代 ラウリー→ギャレット
アデバヨがスティールから自分で運んで得点、いい
ストゥールースが豪快なダンクを披露
ヒートはいい守備から早い攻撃という展開に
交代 アデバヨ→ヨヴィッチ
渡邊がオフェンスファール、気負いが目立つか
交代 ストゥールース→スミス
ヨヴィッチがスリー決める、まだ高校の卒業試験終わってないらしい
ハイスミスがコーナスリーでエアボール、ギャレットと練習してほしい
 

Q4 26-23

交代 ダンカン→ブーイェ、ハイスミス→ケイン
ヨヴィッチが積極的に打つ、とてもいいと思う
ヒートはセカンドチャンスを決め切りたい
ヨヴィッチのパスが上手い
ギャレットはやっぱり外が決められない
ヒートはこのラインナップだとペイント守りきれない、細い
交代 ヨヴィッチ→ロビンソン
ブーイェがスリーを決めてくる
ギャレットはスリーまた外す
渡邊はなかなか点取れない
ケインが外決める、これは一躍パターンか
交代 ギャレット→デイズ
ブーイェも限られたチャンスを掴むべくアピール
スミスもハッスル
デイズもハッスル
渡邊がここでスリー決める
ブーイェまたスリー、スミスが目立つけどこの試合では負けてないか
 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2022-10-07 08:30 ヒート VS ネッツ

https://nba.rakuten.co.jp/games/12200024

 

ピックアップ

バム・アデバヨ(24分)

17pts

2stl

FG 6/11(54.5%)

FT 5/10(50.0%)

3P 0/1(0.0%)

 

ジャマール・ケイン(27分)

15pts

11reb

5stl

FG 6/10(60.0%)

3P 1/1(100.0%)

 

アデバヨはこの試合15本のシュートを打つには至らず。
フリースローも半分落としてしまいました。
ただその中でもチームトップの17得点。
積極性を失うこともなく一貫した姿勢で攻撃できていたかなと。
ダブルチームがきたときの捌きや、厳しい笛には経験していけば対応できるはず。
早くレギュラーシーズン、そしてプレーオフでこのバージョンのアデバヨが見たい!
 
ヒートはホントに次から次へと有望な若手が現れます。
この試合ではジャマール・ケインが一番輝いていたのではないでしょうか。
試合後のインタビューもいい顔で受けていました。
運動能力が高く、速いなという印象が強かったです。
その俊敏な動きで怒涛の5スティールを記録。
もちろん荒削りな部分はありつつ、攻守でその潜在能力の高さを見せてくれました。
ヒートの育成で飛躍もありうるのか。
プレシーズンの残り数試合でどれだけの契約を勝ち取れるのか注目です。
 
バトラーやラウリーは安定のパフォーマンス。
レギュラーシーズンに向けて何の心配もなさそうです。
全体的にシューターはまだ乗り切れてない感がありますが、開幕に間に合うか。。
ドラフトで加入したヨヴィッチを筆頭に若手はホントに光るものを披露し続けています。
安西先生じゃないですがどんどん良くなっていくのを見るのはやはりいいものです。
プレーシーズンの残り試合もしっかりアピールしてチャンスを掴んでほしいですね。

 

3戦目も見逃せない

2戦目も若手を中心に楽しませてくれたヒート。

自分が思っていた以上に良いパフォーマンスを見られていて満足です。笑

これだからヒートファンはやめられません。

 

次の試合も敵地でのプレー。

ウルブズとのプレシーズンゲーム3戦目はバック・トゥ・バックで10/8土曜日。

恐らくこの試合プレーした主力級の選手はプレーしないはず。

ここまでプレーしていないオラディポやヴィンセントもコートに立つところを見られるか。

オラディポは期待値が高かっただけに主力の選手と未だプレーしていないのが気になるところですね。

コンディションの問題じゃないと信じていたいと思います。

 

それでは、ヒートの応援を一緒に楽しみましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1