ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

22-23NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2022.10.5プレシーズン#1)

Miami HEAT basketball is back

いやーいよいよこの日が来ました。

昨シーズンボストンにカンファレンスファイナルで敗れてはや数ヶ月。

ヒートもプレシーズンゲームの初戦に挑みます!

 

ウルブズをホームのFTXアリーナに迎えての一戦。

ヒートはバトラー、オラディポ、ヴィンセントは欠場。

この辺りは対戦相手も見ながらですかね…。

スタメンはラウリー、ヒーロ!、マーティン、アデバヨ、ヤーツェヴン!

バトラー、オラディポが戻ってきたらこのラインナップがどう変わってくるか。

 

対するウルブズも噂のツインタワー、KATとゴベアが欠場。

ディアンジェロラッセルも出場はなしということです。

2年目のアンソニー・エドワーズがどんなプレーを見せてくれるかというところでしょうか。

 

それではゲームを振り返っていきましょう!

 

対 ミネソタ・ティンバーウルブズ

MIA 111-121 MIN

FG% 42.9%

3P% 28.6%

FT% 94.4%

リバウンド 49(OR 16 DR 33)

アシスト 25

ターンオーバー 15

 

Q1 24-26

スタメンのヒーロがボール持つ時間長めか
ヒーロがテイクチャージ!
立ち上がりはターンオーバーが目立つ
アデバヨが積極的に得点を狙う、いい
ラウリーとヤーツェヴンの合わせも今季は増えそう
マーティンの状態が良さそう
アデバヨはダブルチームへのリアクションがまだまだな印象
ヤーツェヴンのファールの多さ気になる
アデバヨが積極性キープ
メンバー的な要因か昨季ほどスイッチしない
交代 ヤーツェヴン→ストゥールース
マーティンがやっぱりいい
しばらく経ってもターンオーバー多い
ヒーロは今季も変わらず点取り屋
交代 アデバヨ→デッドモン、ラウリー→ダンカン、マーティン→ハイスミス
大型契約のプレッシャーを全く感じさせないヒーロ
交代 ヒーロ→ギャレット
ヒートは外がこない
ギャレットが早速スティー

 

Q2 28-38

ダンカンの外もこない
ハイスミスのリバウンドが目立つ
ウルブズのハードショウにバタつく
デッドモンのミスが目立つ、ローテ入り厳しいかも
ギャレットがいい
ヒートの外がこない
ダンカンはドライブ多めか
ハイスミスとギャレットはスイッチ?人によって使い分け?
交代 デッドモン→ヤーツェヴン
2Qもなかなか合ってない
交代 ダンカン→ラウリー
ヤーツェヴンのフックが魅力的
ギャレットはペイントを守るときに線の細さが厳しい
交代 ハイスミス→アデバヨ、ギャレット→ヒーロ
ヒーロも外こない
ペイント中心に攻めていく
交代 ストゥールース→マーティン
アデバヨのジャンプシュートいい
ヤーツェヴンが外決める、頼もしい

 

Q3 31-29

スタメンからラウリー→ストゥールースで後半開始
ヒーロの外が決まる
アデバヨが後半もいい
ヒーロまた外決める、前半は何だったのか
マーティンが攻守で存在
ヒーロが膝痛める、ぶつけたみたい
大丈夫そう
ウルブズは外がよく決まる
ティールからストゥールース→ヤーツェヴンのアリウープ
ハスレムの隣にヨヴィッチ、色々学んでほしい
アデバヨがボールを運んでそのままシュートへ、決められないけど素晴らしい試み
交代 ヤーツェヴン→ダンカン
アデバヨがとてもいい
ヒーロも守備頑張ってる
アデバヨがスリー決める!!!ついにきた!!!!
そしてストゥールース→アデバヨのアリウープ!!
交代 アデバヨ→ヤーツェヴン、ヒーロ→ギャレット、マーティン→ハイスミス
交代 ストゥールース→スミス
ヤーツェヴンのサイズはでかい
ダンカンの外がまるでこない、ちょっと厳しいか

 

Q4 28-28

ターンオーバーとファールは誰が出ても減らない
ハイスミスが元気、これはスポも悩ましいのでは
ギャレットはリバウンドも絡めていい、腕長い
スミスとギャレットのコンビネーション
ヤーツェヴンがここでファールアウト
交代 ヤーツェヴン→ロビンソン
ダンカンのスリーこない
ロビンソンのブロック!得点も決めてアピール
ギャレットはもう少し決定力もほしい
ハイスミスがスリー決める、いい
スミスもおしゃれパスとスリー成功でアピール
交代 ダンカン→ヨヴィッチ
ヨヴィッチにも出場機会が!
ロビンソンがアシストも、思ったより落ち着いてる
ギャレットがオープンのスリー決められない
交代 ハイスミス→ケイン
ケインが早速ターンオーバー、気負ったか
ヨヴィッチのパスがいい、力強い得点にスリーも、いいのでは
ギャレットがまたスティール、外も決められたら。。

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2022-10-05 08:30 ティンバーウルブズ VS ヒート

https://nba.rakuten.co.jp/games/12200015

 

ピックアップ

バム・アデバヨ(25分)

22pts

2stl

FG 9/17(52.9%)

3P 1/1(100%)

 

タイラー・ヒーロ(26分)

22pts

4ast

FG 7/14(50%)

3P 2/5(40%)

4TO

 

いやーアデバヨ、よかったですねー。
バトラーがいなかったということもあり、攻撃でとても積極的な姿が嬉しかったです。
シュートの本数も25分でチームハイの17本。
ボールを持った瞬間にリムに目を向ける速さというか、意識が格段に上がっていた印象です。
こんなアデバヨを待ってました。
レギュラーシーズンでも続けてほしいです。
 
そして大型契約を勝ち取ったヒーロも22得点でアデバヨに並んでチームハイ。
ラウリーが意識的にボールを持たせていた印象もありつつ、自信を持ってボールを扱うヒーロを見るのはとても感慨深いものがありました。
2年目のシーズンもプレシーズンや開幕当初は同じような役割でとてもバタバタしていた記憶があったのですが、そのヒーロはもういなくなってしまったようです。
4年目ということでNBAでの経験もかなり積み重なってきました。
MAX契約じゃないなんて、というような活躍をしてもらいたいですね。
 
バトラーやオラディポが不在、ラウリーも前半のみの出場だったこの試合。
若手も機会を得てその存在を示しました。
ヤーツェヴンはファールアウトにはなりましたが27分プレーして11得点、9リバウンド。
何よりアデバヨと共存できる可能性を示せたのはかなり大きかったです。
マーティンも好調そうでしたが、ハイスミスも負けじとアピールしていました。
3番ならマーティンの方が良さそうですが、4番であればハイスミスも良い味を出して役割を全うしてくれそうな気が。
嬉しい悩みですね。
ギャレットも攻撃ではボール運びをしながら持ち前の守備で2スティールを記録。
これは前季のマーティン再び、ということもありえるか。
ヨヴィッチも出場こそ6分と短かったですが潜在能力の高さは見せてくれました。
やっぱり使いながら育ててほしい…!
 
ちょっと厳しかったのはストゥールースとダンカンのシューター2人。
ストゥールースは3pが0/4でFGも1/8。
ダンカンも3pが0/6でFGは1/8。
守備が圧倒的に良いのであれば話は別ですが、そうでもない選手がこの数字では厳しい。
まだ初戦なのでここから上がってくることを信じましょう。

 

やっぱりヒートの応援は楽しい

久しぶりのヒートの試合。

主力に欠場もあったとはいえ、やはりヒートの応援は楽しいですね。

即戦力の補強こそなくても楽しめるチーム。

ファンとしては応援しがいがあります。

 

そして次の試合はそんなヒートの真逆をいくかのようなパワーハウス、ネッツとの対戦です。

10/7の金曜日に敵地での試合。

この試合はバトラーやオラディポを見ることはできるのか。

ネッツには渡邊もいますし、見どころ満載です。

 

それでは、ヒートの応援を一緒に楽しみましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1