ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2022.4.25プレーオフ1stラウンド#4)

次こそ王手なるか

前の試合は惜しくも1点差で敗れたヒート。

最後はチャンスもありましたが逃げ切れず。

ホークスもホームで意地を見せてきました。

 

次こそシリーズ突破王手を狙うヒート。

しかしホークスはカペラが復帰。

すぐにフルで出場することはないでしょうが嫌な選手が戻ってきました。

 

対するヒートはラウリーが欠場することに。

これは痛い…。

ということでスタメンにはビンセントが。

ベンチワークはどうなってくるか注目です。

 

それでは試合を振り返っていきましょう。

 

対 アトランタ・ホークス

MIA 110-86 ATL

FG% 43.5%

3P% 31.0%

FT% 81.0%

リバウンド 48(OR 15 DR 33)

アシスト 22

ターンオーバー 7

 

Q1 25-26

早速タッカーのコーナースリーが決まる
ホークスはボールが回る
アデバヨこの試合も決めきれないか
カペラのオフェンスリバウンド、嫌な感じ
アデバヨも負けじとオフェンスリバウンドでハッスル
ハンターのスリーが決まる、確率上がらないことを祈りたい
ビンセントこない、カウンターでヤングのロングスリー決まる
この試合もバトラーが攻撃の中心に
ストゥールースの外がくる、いけるか
立ち上がりハンターのシュートが落ちない
ストゥールースも連発
ヤングが足痛める、大丈夫そう
ヒートがオフェンスリバウンドで頑張るシーンが目立つ
交代 アデバヨ→デッドモン、バトラー→ヒーロ
ヒーロが早速決める、勢い出るか
デッドモンがエンドワン獲得
ラウリーがヒーロにベンチから助言
交代 ビンセント→バトラー、ストゥールース→ダンカン、タッカー→マーティン
マーティンがオープンスリー決められない
一進一退の展開に
交代 デッドモン→タッカー
交代 ダンカン→ビンセント
1点ビハインドで2Qへ

 

Q2 30-15

交代 ビンセント→ダンカン、タッカー→アデバヨ
ヒートがゾーンディフェンス
序盤からアデバヨがオフェンスリバウンド頑張る
アデバヨがミスマッチ攻めきれない
ヒーロもスリー決められない
ビハインド広がる
交代 ダンカン→ストゥールース
交代 ヒーロ→ビンセント
アデバヨがボール持つ多い場面も多いけど…
交代 マーティン→オラディポ
ここでオラディポ登場!
アデバヨのジャンパーこない
バトラーがインバウンズ奪い取る!そしてエンドワン!
アデバヨは乗り切れない分オフェンスリバウンドでの粘りが際立つ
交代 アデバヨ→タッカー
バトラーの得点がじわじわ伸びる
ビンセントのコーナースリー決まる
コリンズも決めてくる
交代 バトラー→アデバヨ
オラディポ→タッカーでスリー
ヒートの守備がやはり良い
オラディポのシュートはこないけどタッカーがリバウンドハッスル
コリンズ早くも4つ目のファール、助かる
交代 ビンセント→バトラー
バトラーが止まらない
リード気づけば二桁に
アデバヨの得点も伸びるか
14点リードで後半へ
ヒートは前半まさかのターンオーバーゼロ

 

Q3 25-20

スタメンで後半開始
アデバヨが早速オフェンスファール、やはりリズムは悪いか
ヒートは後半入りも守備がいい
アデバヨのフローター決まる、積極的にいきたい
バトラーのスリーが決まる
タッカーの手が顔に入ってハンターのコンタクト取れる
ヤングのロングスリーくる、乗せたくない
交代 アデバヨ→マーティン
ヒートの得点止まりリード縮まる
嫌な流れでマーティンがテイクチャージ
セカンドチャンス活かしてビンセントのスリーも
バトラーが後半もフリースロー外さない
再びリード広げる
ラウリーがほぼヘッドコーチ
タッカーがここで連続得点
3本目狙ったところでオコングと揉める、タッカーにテクニカル
直後オコングからタッカーがオフェンスファール引き出す
交代 バトラー→ヒーロ
ビンセントがスリー決めるもストゥールースはこない
交代 ストゥールース→オラディポ
オラディポのドライブが速い、ただシュートは決まらない
マーティンがスリー決める
交代 ビンセント→バトラー、マーティン→ストゥールース
最後のポゼッションでストゥールースが難しいスリー決める
19点までリードを広げて4Qへ

 

Q4 30-25

交代 タッカー→アデバヨ
オラディポのスリーがこない、ヒーロもこない
ヒートは立ち上がりなかなか点取れない
と思ったけど良いボールムーブからバトラーのダンク
からストゥールースがステップバックスリー決めて20点差に
バトラーがゴール下がら空きでダンク、ホークス息切れか
アデバヨがサードチャンスでエンドワン
バトラーもセカンドチャンスでエンドワン
ヒートはシュートの確率自体は上がらないけどリバウンド回収して活かす
守備もいいのでホークスは打つ手がない
バトラーのフリースローがようやく落ちる
ヒーロのスリーこない、まだ調子が出てきてないか
ヤングにダブルチームからバトラーがスティールでそのままダンク
点差縮まらず勝負ありか
4分以上残してホークス諦める
交代 バトラー→マーティン
交代 アデバヨ→ヤルツェヴン、ストゥールース→ハイスミス、ヒーロ→ダンカン
ダンカンのスリー決まる
ハイスミスもスリー成功
ヤルツェヴンのダンク
24点差で勝利

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2022-04-25 08:00 ヒート VS ホークス

https://nba.rakuten.co.jp/games/42100104

 

ピックアップ

ジミー・バトラー(36分)

36得点、10リバウンド、4アシスト、4スティール、1ブロック、フィールドゴール12/21(57.1%)、スリーポイント1/2(50.0%)、フリースロー11/12(91.7%)、0ターンオーバー、1ファール、+14

 

ヴィクター・オラディポ(23分)

6得点、8リバウンド、4アシスト、0スティール、0ブロック、フィールドゴール3/10(30.0%)、スリーポイント0/5(0.0%)、フリースロー0/0(-.-%)、1ターンオーバー、4ファール、+28

 

この日もバトラーが攻守で存在感抜群の活躍。

スリーも打ちすぎず、ターンオーバーもせず。

さらには4スティールを決めてファールは1つだけ。

ヒート全体としてはシュートの確率が上がってこなかったことを考えるとアシストももう少し伸びていてもおかしくありませんでしたし。

神がかって来ています。

 

そしてラウリー不在の穴をどうするのかと思いましたがオラディポがプレーすることに。

デッドモンが4分しかプレーしていないので純粋に代わりにということでもなさそうではありますかね。

得点こそ伸びませんでしたがドライブの鋭さや守備での圧力はさすが。

本格的にローテーションに入れるくらいコンディションが上がってくると頼もしさしかありません。

ここからどうなっていくのか。

 

まだまだかなと思っているアデバヨは14得点、8リバウンド。

オフェンスリバウンドを4個獲得し、ハッスルしていました。

そこから他のプレーのリズムに繋がっていきそうな気もするので期待大です。

そしてヒーロは21分のプレーでわずか3得点。

FGは1/8、スリーは5本打って成功なしといいところなし。

こうなってくるとオラディポなら守備が、となってしまいます。

ただアシストは3つしてターンオーバーもなし。

ヒーロもそういった周りを活かすところからリズムを掴めると大きいのですが。

 

そしてホームへ

見事ホークスを降したヒート。

これでシリーズは3-1に。

ジェントルマンスイープといけるか。

 

シリーズ突破を狙うヒートはアウェーでの2戦を終えホームへ。

4/27水曜日に第5戦目に挑みます。

後のないホークスはカペラとボグダノヴィッチがQuetionable。

今季最終戦になる可能性も考えられるので多少無理してでも出場してくるでしょう。

 

ヒートはラウリーが引き続きアウト。

まだ2つ勝ち越していて余裕もありますし、無理をするところでもありません。

ベンチでコーチとしての存在感を発揮してもらいましょう。

そしてタッカー、ビンセント、マーティンがQuetionable。

対ヤングを考えると3人共欠かせないので出てほしい。

この試合でもマーティンが19分プレー。

スモールな時間が長かったこともありましたがどう捉えるべきか。

ダンカンは9分、デッドモンが4分のプレーだけ。

この辺りは相手の様子も見ながらコーチ陣がアジャストしていってるんですかね。

ローテーションもますます目が離せないですね。

 

それでは、ヒートの応援を一緒に楽しみましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1