ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2022.5.9プレーオフCSF#4)

エンビードが強い

前の試合はシクサーズに敗れたヒート。

3連勝とはいきませんでした。

エンビードが強かったですね。

 

気を取り直しての大事な4戦目。

会場は変わらずのフィラデルフィア

エンビードももちろん出場ということでタフな試合は続きます。

 

対するヒートはデッドモンが欠場。

エンビードに対してサイズで渡り合えていた数少ない選手。

貴重な戦力を欠く状態でどんな試合となるか。

 

それでは試合を振り返っていきましょう。

 

対 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

MIA 108-116 PHI

FG% 46.3%

3P% 20.0%

FT% 89.3%

リバウンド 33(OR 5 DR 28)

アシスト 24

ターンオーバー 13

 

Q1 28-30

シクサーズはターンオーバーから
セカンドチャンスでタッカーのコーナースリー決まる
ストゥールースは2本目のコーナースリーで成功、いけるか
シクサーズはミスマッチ作って攻めてくる
ヒートはオフェンスリバウンドで粘る
シクサーズはターンオーバーが多め
グリーンのスリー1本目決める、乗ると嫌だ
シクサーズはエンビードのサイズ使ってくる
交代 アデバヨ→オラディポ
ヒートはスモールラインナップで対抗
オラディポが攻める
交代 ストゥールース→ヒーロ
一進一退の展開が続く
オラディポが積極的、良さそう
バトラーがテイクチャージ、ハーデン2つ目
交代 ラウリー→ビンセント、タッカー→アデバヨ
ヒートゾーンディフェンス
アデバヨも積極的
ヒーロがこない
交代 バトラー→ストゥールース
ビンセントが良い守備見せるも3つ目のファール
2点ビハインドで1Q終了

 

Q2 28-34

交代 ビンセント→ラウリー
ラウリーが復帰後初得点
ラウリー→アデバヨの派手なダンク、勢い出るか
オラディポがフリースロー量産
交代 オラディポ→バトラー
バトラーも攻める
ハリスが決めてくる
ヒーロのスリーが決まる、乗っていきたい
交代 アデバヨ→タッカー、ヒーロ→オラディポ
オラディポが戻って早速スティー
交代 ラウリー→ヒーロ
ストゥールースがオープンスリー決められず、タッカーもこない
グリーンが落とさない、4ポイントプレー獲得もフリースローは外してくれる
交代 ストゥールース→アデバヨ
ヒーロ速い
ヒートのミスも出てきてビハインド広がる
交代 オラディポ→ラウリー
ラウリーがこない、厳しい
ビハインド二桁に
何とかいい守備で粘る
ここでバトラーエンドワン、さすが
ラウリーオフェンスリバウンド粘る、攻撃のリズムにつなげたい
交代 アデバヨ→オラディポ
ヒートオープンのスリー打てているから決めたい
交代 タッカー→マーティン、ヒーロ→ストゥールース
最後のポゼッションほぼ時間なかったけど止められず
8点ビハインド

 

Q3 29-25

スタメンで後半開始
ヒートターンオーバーから
マキシがくる、嫌な流れ
ヒートはバトラーの得点で何とかしのぐ
お互いミスの出る後半立ち上がり
アデバヨがエンビードを止められない、エンドワンも献上
交代 アデバヨ→オラディポ
ラウリーのスリーがこない、厳しい
バトラーがエンドワン獲得、頼れる
エンビードの手が顔に入っていた模様、フレグラント
バトラーがスリー決めて一気にビハインド縮める
オラディポもフリースロー増やしていく
ラウリーがこない、厳しい
シクサーズのミスでヒートが助かる場面が多い印象
ストゥールースもこない、この試合も外決まらず
ルーズボールでストゥールースが4つ目のファール、ボーナスもついていてもったいない
交代 ストゥールース→ヒーロ
なかなか点差を詰め切れない
タッカーが4つ目のファール
交代 タッカー→モリス、ラウリー→ビンセント
ビンセントが入って早速決める、いけるか
エンビードフリースロー落ちがち
ヒートの外がこない、オープン目で打てているけど。。
バトラーが凄い、エンビード相手にエンドワン
交代 バトラー→ラウリー
追いつけそうなところで追いつけない
ビンセントも最後オープンスリー決められず
4点ビハインド

 

Q4 23-27

交代 モリス→アデバヨ
ヒートゾーン
シクサーズが立ち上がりファール多い
ヒートが攻めきれない
またビハインドじわじわ開いてしまう
交代 ラウリー→バトラー
ビハインドまた二桁に
交代 オラディポ→ストゥールース、ビンセント→タッカー
ストゥールースとタッカーがファール5つに
交代 タッカー→オラディポ
ヒートは4Qに入って得点伸ばせない
というところでオラディポのスリーくる、いけるか
ハーデンがここで決めてくる
アデバヨエンドワン!
何とかクラッチゲームに持ち込む
アデバヨが粘る、いってほしい
ハーデン落とさない、乗せたくない
バトラーのスリーこない、ちょっとタフすぎるか
リバウンド取りたい
オラディポのジャンパー決まらず、勝負ありか
ハーデンも落とさない
ストゥールースここでスリーも時既に遅し、その後ファールアウトしてしまう
交代 ストゥールース→ビンセント
8点ビハインドで負け

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2022-05-09 09:00 ヒート VS 76ers

https://nba.rakuten.co.jp/games/42100204

 

ピックアップ

ジミー・バトラー(42分)

40得点、3リバウンド、6アシスト、2スティール、2ブロック、フィールドゴール13/20(65.0%)、スリーポイント2/6(33.3%)、フリースロー12/13(92.3%)、1ターンオーバー、1ファール、-2

 

バム・アデバヨ(33分)

21得点、7リバウンド、4アシスト、0スティール、0ブロック、フィールドゴール9/12(75.0%)、スリーポイント0/0(-.-%)、フリースロー3/3(100.0%)、1ターンオーバー、4ファール、-5

 

バトラーが圧巻の活躍。

ヒートの攻撃に停滞感がある中でも40得点と貫禄のパフォーマンス。

もちろん攻撃だけでなく守備でも2スティール、2ブロック。

ただバトラーがこれだけの活躍をして勝てないのは厳しい。

他の選手もステップアップが必要です。

 

そういった意味ではアデバヨは手応えがあったのではないでしょうか。

エンビードがいる時間は厳しい部分もありましたが20得点を超えてきました。

リングに向かっていく場面も前戦に比べるとかなり多かったかと。

守備ではどうしてもサイズ差でやられる場面もありましたが結局エンビード自体にはそこまで好きにはやらせていませんでした。

これを続けてまた1つレベルを上げてほしいですね。

 

ヒート全体のスリーが決まらない状況で特に気になったのはラウリー。

この試合復帰後初得点もありましたがスリーは0/6。

ここが1本でも2本でも決まってたら全く違う展開になっていたはず。

プレータイムも制限されているようですしコンディションは戻りきっていないのでしょうか。

その他もビンセント0/4、ヒーロ1/5、オラディポ1/5、タッカー1/4と確率が上がらず。

オープンでは打てているのであとは当たるの待ちです。。

 

ホームへ

シクサーズに寄り切られて連敗となったヒート。

これでシリーズは2-2のタイに。

エンビード不在の2勝をお返ししたということにしときましょう。

 

ここからが本番の第5戦目。

ヒートはホームに戻っての逆襲に臨みます。

エンビードは相変わらずQuetionableですが間違いなく出てくるでしょう。

個人的にはマキシが終盤どこか痛めているようにも見えたので気になるところです。

 

対するヒートは引き続きQuetionableが大量に。

ラウリー、ヒーロ、タッカー、ストゥールース、ビンセント、デッドモン、マーティンの7人。

特に不調のラウリー、そして4戦目を欠場したデッドモンが出場できるかどうか。

負けると3連敗をして王手をかけられ、敵地での6戦目に挑むことに。

それだけは避けたい。

勝つしかありません。

 

それでは、ヒートの応援を一緒に楽しみましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1