ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2022.2.4レギュラーシーズン#53)

ラウリー復帰

前の試合はラプターズ相手に逃げ切り失敗のヒート。

これで3連敗

タイトなスケジュールもあって厳しい結果です。

 

それでもロードトリップは続きヒートはサンアントニオに移動。

スパーズとの一戦に臨みます。

マレー、パートルも欠くスパーズにはさすがに勝ちたい

 

そんなヒートはいよいよラウリーが復帰!

待ち遠しかったですね。

コンディションの不安もあるなか早速スタメンに。

逆にマーティンは怪我で欠場の様子。

長引かないことを祈りたいですね。

 

それでは振り返っていきましょう。

 

対 サンアントニオ・スパーズ

MIA 112-95 SAS

FG% 50.6%

3P% 40.0%

FT% 88.9%

リバウンド 42(OR 7 DR 35)

アシスト 27

ターンオーバー 14

 

Q1 21-19

期待も募るなかターンオーバーからスタート 笑
アデバヨがこの試合も立ち上がりから積極的
ラウリーのプッシュが懐かしい
お互い序盤は得点が伸びない
アデバヨが攻め続けて得点伸ばす
ダンカンのスリー決まる、いけるか
スパーズではホワイトも確率高く決めてくる
交代 アデバヨ→デッドモン
バトラーがシュートファールもらえない
デッドモン、バトラーと続けてゴール下決めきれない
交代 ラウリー→ヒーロ
ラウリーにテクニカル、帰ってきた
その後バトラーにもテクニカル
交代 バトラー→ビンセント
ダンカン2本目、3本目のスリーを立て続けに成功
交代 タッカー→アデバヨ、ダンカン→ストゥールース
スパーズはベンチメンバーで点が取れない
2点リードで2Qへ

 

Q2 36-28

ヒートがゾーンディフェンス
デッドモンのスリーが決まる
スパーズにオープン作られるもシュートの確率は上がらない
ヒーロが得点伸ばす
交代 デッドモン→ラウリー
ストゥールースが外決める、この試合は外が確率高め
ヒートのリードが二桁に
スパーズもシュート決まり始める
ビンセントもスリー決まる、お互い外の応酬
交代 ヒーロ→バトラー
交代 アデバヨ→デッドモン
スパーズのゾーン、ヒートはすぐタイムアウト
交代 ビンセント→ヒーロ、ストゥールース→タッカー
バトラーは得点よりボール捌きに意識ありそう
ティール後のヒーロのパス通らず、キックボールでは
ヒートのスティールが続く
交代 デッドモン→アデバヨ
ラウリーがボール手につかずロスト、試合離れていた影響
バトラーが得点も狙い始める
ヒートもターンオーバーは少なくない
交代 タッカー→ダンカン
最後のポゼッションでバトラーがセカンドチャンスからエンドワン獲得、大きい
交代 ダンカン→ビンセント
10点リードで後半へ

 

Q3 31-19

スタメンで後半スタート
アデバヨがトランジション決めきれず、確実にいきたいところ
タッカーのコーナースリー決まる
アデバヨまたゴール下フィニッシュできず、ファールもなし
ヒート得点伸ばせずも、ラウリーがいる安心感
守備で粘れるのもやはり大きい
アデバヨのジャンパーは決まる
ラウリーの判断の速さと精度が際立つ
スパーズもターンオーバーが多い、ファールも重なる
早くもヒートにボーナス
ラウリーがフリースローで復帰初得点
バトラーがリムをアタックし始める
アデバヨ→ラウリー→タッカーでコーナースリー成功、美しい流れ
ヒートのリードが広がっていく
交代 ラウリー→ヒーロ
ダンカンがスリーポイントファール獲得
交代 アデバヨ→デッドモン
デッドモンが4つ目のファール
ヒートはセカンドチャンスからの得点も取れてる
リードが20点に
交代 タッカー→ストゥールース
ヒーロのダンク、スティールも、ノッてきたか
交代 バトラー→ダンカン
デッドモンが5つ目のファール、テクニカルも
交代 デッドモン→アデバヨ
スパーズはフリースローも落としがち
最後はヒーロがダンク防がれるも22点リードで3Q終了

 

Q4 24-29

アデバヨが4Qも攻守で積極的
ストゥールースがこの試合はリズム悪そう
ヒーロは外決まらないけど元気そう
リバウンドはしっかり確保したい
ヒーロ→アデバヨのタッチダウンパス
アデバヨの得点が伸びる
ヒートの攻撃止まらず
交代 ストゥールース→ラウリー
ヒートはバトラー、タッカー戻らず
アデバヨはパスも冴える、スティールも
交代 ラウリー→ガイ
試合もほぼ決まってアデバヨの強引すぎるプレーがチラホラ出てくる
交代 アデバヨ→シルヴァ
6分以上残してお互い主力はベンチへ
ヒーロがどんどん攻めていく
お互いターンオーバーが増える
得点も伸びず
ビンセント完全オープン決められず
17点差で勝利

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2022-02-04 09:00 ヒート VS スパーズ

https://nba.rakuten.co.jp/games/22100521

 

ピックアップ

バム・アデバヨ(36分)

18得点、11リバウンド、3アシスト、4スティール、0ブロック、フィールドゴール7/13(53.8%)、スリーポイント0/1(0.0%)、フリースロー4/6(66.7%)、1ターンオーバー、4ファール、+26

 

ダンカン・ロビンソン(34分)

17得点、3リバウンド、3アシスト、1スティール、0ブロック、フィールドゴール5/10(50.7%)、スリーポイント4/8(50.0%)、フリースロー3/3(100.0%)、1ターンオーバー、3ファール、+10

 

アデバヨがこの試合もダブルダブルの活躍。

ティールも4つ攻守で積極性を見せてくれました。

ところどころ精度を欠くシーンもありましたが、それもトライしないと分からない課題。

続けてほしいですね。

 

そしてこのところプレータイムの短さも気になっていたダンカン

この日は34分プレーして17得点

外からも高確率で決めてくれました。

あとは続けてもらうだけです。

 

復帰戦となったラウリーは大量リードもあって25分のプレーに留まりました。

得点も少なく、ターンオーバーも多めでしたが存在感は抜群

他の選手、特に若手は良い影響を受けていた印象が強いです。

ヒーロもスリーは成功なしも24得点

5アシストターンオーバーも1つだけ

今回オールスターに選ばれたバンブリートのようにラウリーから色々吸収してほしいところです。

 

オールスター

スパーズに圧勝して連敗を3で止めたヒート

ラウリーの帰還を勝利で飾りました。

ここからまた連勝をしていってほしいですね。

 

次戦は2/6に敵地でホーネッツと対戦。

ホーネッツは3連敗中

しかも2/5にキャブスとの接戦を落としてのバック・トゥ・バックとのこと。

ここは勝っておきたいですね。

 

ヒートとしてはタッカーとマーティン、ストゥールースがQuestionableに。

そしてヤルツェヴンがコロナのプロトコルから戻ってくるとのこと。

このところアデバヨとデッドモン併用の時間もありましたし、アデバヨ復帰からプレータイムがなかったヤルツェヴンがこれからどうなっていくかも目が離せません。

あとバトラーがオールスターのリザーブ選出されたようです。

休んでほしいという思いもありつつ、選ばれたことは素晴らしいかなと。

KATも選ばれているようなので間違いが起きないことは祈りたいところです…。

 

それでは、ヒートの応援を一緒に楽しみましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1