ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2022.3.19レギュラーシーズン#71)

なかなか揃わない

前の試合ではピストンズに順当に勝利したヒート。

バトラーの怪我やアデバヨのファールトラブルも乗り越えての勝ち星。

まだまだ東の首位をがっちりキープです。

 

連勝を狙うヒートの次の試合はサンダーとの試合。

サンダーは西の下位に沈む再建中のチームで負けも重なっています。

ヒートとしてはここも問題なく勝ちきりたいところです。

 

この試合は前の試合足をひねったバトラーは欠場。

オラディポも脚ではないですがコンディションが整わず休むとのこと。

その代わりマーティンが復帰!

なかなか全員は揃いませんが、時間の問題ですかね。

 

それでは試合を振り返っていきましょう。

 

対 オクラホマシティ・サンダー戦

MIA 120-108 OKC

FG% 48.4%

3P% 35.3%

FT% 83.3%

リバウンド 46(OR 11 DR 35)

アシスト 25

ターンオーバー 6

 

Q1 27-26

スタメンにビンセント
ダンカンが2本目でスリー成功、良い日か
ヒートの守備がよくサンダーは思うように点が取れない
立て続けにダンカンがもう1本外から決める
すぐに3本目も成功!
タッカー→アデバヨのアリウープダンク
アデバヨはスティールも
ダンカンがドライブからレイアップ、勢いあり
ビンセントのサイズ不足が狙われてるか
ビンセントはスリーも決められない
アデバヨの守備が際立つ
交代 ビンセント→ヒーロ
サンダーも徐々に攻撃のリズムが出てきてビハインド削ってくる
会場にボッシュ
交代 タッカー→モリス
ヒーロのスリーが決まる
交代 ダンカン→ストゥールース、アデバヨ→マーティン
交代 ラウリー→ビンセント
モリスのポストプレー、でかい
サンダーもポテンシャルの高さを感じるプレーぶり
1点リードで1Q終了

 

Q2 42-28

ヒートはゾーンディフェンス仕掛ける
2Qということでヒーロの得点が伸びる
サンダーの外が決まる立ち上がり
モリスが力強い、存在感あり
ストゥールースが確率高く外から決めていく
サンダーは確率高いけどミスも散見
交代 モリス→アデバヨ
ストゥールースがこぼれたボール拾ってロゴスリー!
交代 ビンセント→ラウリー
ラウリーがコーナースリー外すもアデバヨがリバウンドチップしてヒーロが決める
ヒートのリードがジワジワ広がる
ストゥールースが外落とさない、リード二桁に
ラウリーのアシストが冴える
交代 マーティン→タッカー
ヒートの攻撃のリズムがいい、サンダーは止められない
サンダーは個人技で何とか粘る
アデバヨのドライブが強烈
ラウリーが華麗なフェイクからスリー、好調
ヒーロのクロスオーバーが鋭い、9試合連続で2Q12点以上
15点リードで後半へ

 

Q3 34-25

スタメンで後半開始
ビンセントの外が後半もこない
ラウリーが連続でスリー成功!2本目はファールつき、外したけど
ダンカンもスリー決める、後半もよく決まりそう
ビンセント→ラウリーのタッチダウンパスでリード20点以上に
点差も開いてヒートの攻撃が少し雑になってきたか
ラウリーがブロックされても諦めず打ち直してスリー成功
ビンセントがスティール、守備で頑張りたい
アデバヨのプットバックダンク炸裂
サンダーは個人技じゃヒート崩せない
ボッシュにインタビュー
交代 タッカー→マーティン
交代 ビンセント→ヒーロ
ヒーロが足ひねって痛める…
交代 ヒーロ→ストゥールース
サンダーはフリースローも落としがち
ダンカン→ヒーロ
ヒーロがコートに戻る、大丈夫そう
交代 アデバヨ→モリス
マーティンが連続でスリー決める
ヒートがゾーンも、攻守で圧倒
交代 ラウリー→ビンセント
24点リードで4Qへ

 

Q4 17-29

モリスの安定感
ヒーロが軽々と得点を重ねていく
マーティンがダンク失敗
ヒートのターンオーバーが立て続けに
ビンセントが点取れない
サンダーも諦めない
交代 ヒーロ→ダンカン
ビンセントが得点取れない
ヒートは主力温存
サンダーも得点伸ばす
ビンセントがようやく得点
スリーは決まらない
ビンセントが相手に乗ってしまいコートに嫌な落ち方、大丈夫そう
交代 モリス→ヤルツェヴン、マーティン→ハイスミス
交代 ビンセント→ガイ、ダンカン→スマート
ヒートは立て続けにミス
スマート点がほしそう
交代 ストゥールース→ハスレム
会場盛り上がる
ハスレムがジャンパー決める!
12点差で勝ち

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2022-03-19 09:00 サンダー VS ヒート

https://nba.rakuten.co.jp/games/22101052

 

ピックアップ

ケイレブ・マーティン(27分)

11得点、3リバウンド、2アシスト、0スティール、0ブロック、フィールドゴール4/9(44.4%)、スリーポイント3/5(60.0%)、フリースロー0/0(-.-%)、0ターンオーバー、3ファール、+1

 

マーキーフ・モリス(20分)

13得点、3リバウンド、2アシスト、0スティール、0ブロック、フィールドゴール6/10(60.0%)、スリーポイント0/3(0.0%)、フリースロー1/2(50.0%)、1ターンオーバー、3ファール、-8

 

復帰したマーティンが27分のプレー。

スリーも高確率で決め、守備も相変わらず。

思ったより欠場が長引いているなと感じていたのでまずは一安心。

ここからプレーオフに向けて貴重な戦力が戻ってきました。

 

最近復帰したモリスも安心感がありました。

デッドモンが欠場するなかセンターとしてプレーする時間が長かった印象。

ポストプレーでダムダムしてジャンパーを決めるシーンにはどこか懐かしさを感じましたね。

スリーこそ決められませんでしたが全体的には確率高くシュートを沈めましたし、モリスもプレーオフで頼りにできそうです。

 

ヒートはヒーロがこの試合も2Qで12得点以上を含む26得点を含め、7人が二桁得点を記録。

出場時間もストゥールースの31分、ビンセントの30分を除いて30分以上の出場選手はなしと温存にも成功。

この時期にとても良い展開だったのではないでしょうか。

 

強豪との試合が続く

サンダー相手に勝利をおさめたヒート。

失うもののない若いチームは少し怖さも感じました。

ただ終わってみれば余裕のある試合運びができたかと。

 

そしてヒートは3/22火曜日に久しぶりにアウェーでの試合。

現在東の3位につけているシクサーズとの一戦に臨みます。

前回対戦では良い守備でヒートが勝利をおさめたもののハーデンは不在。

前日21日のラプターズ戦では攻撃が上手くいかず敗戦し、手がつけられないという印象はまだありません。

ヒートもぜひとも勝ちたい。

 

ヒートの怪我人ではオラディポとビンセントがアウト。

バトラーとマーティンがQuetionableという状況。

強豪との対戦が続いていきますのでコンディションとプレータイムとのバランスは難しくなりそう。

早く全員揃ったところがみたいですが。。

 

それでは、ヒートの応援を一緒に楽しみましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1