ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2022.4.3レギュラーシーズン#78)

熱戦を終えて

前の試合ではセルティックスとの熱戦を制したヒート。

いやー熱い試合でした。

4連敗のあと連勝で勢いを取り戻しました。

 

勢いそのままにヒートが臨むのはアウェーでのブルズ戦。

若干下降気味のブルズではありますが直近の試合ではデローザンが50得点。

今季ブルズとの相性はいいとはいえ油断はできません。

 

ヒートはこの試合マーティンも復帰。

Quetionableだった選手たちも出場ということでいよいよ全員揃うことに。

ここからどういったローテーションになるのか。

 

それでは試合を振り返っていきましょう。

 

対 シカゴ・ブルズ

MIA 127-109 CHI

FG% 53.7%

3P% 50.0%

FT% 81.5%

リバウンド 41(OR 5 DR 36)

アシスト 28

ターンオーバー 9

 

Q1 31-30

立ち上がりヒートはターンオーバーあり
ビーンのシュートが落ちない
アデバヨが積極的
バトラー、ラウリーがスリー決める
アデバヨ早くも2つ目のファール、好調なのにもったいない
交代 アデバヨ→デッドモン
デッドモンが早速良いスクリーンでバトラーアシスト
ラウリーも好調
序盤は点の取り合い
交代 バトラー→ヒーロ
さすがにラビーンも落とし始める
ヒーロが2連続でブロックされ、ターンオーバーも
少しヒートの攻撃が雑に
交代 ストゥールース→ダンカン、ラウリー→ビンセント、タッカー→バトラー
バトラーが戻って早速得点、さすが
ヒーロがまたブロックされる
1点リードで1Q終了

 

Q2 35-27

交代 デッドモン→アデバヨ
リングへのアタックがダメならとヒーロがスリーで初得点
立て続けにヒーロがスリー決める
ヒーロがスリー3連発!
ブルズはデローザンで粘る
バトラーがエンドワン獲得!強引!
ヒートのリードがじわじわ広がる
ダンカンの外はこない
ヒートはひたすらバトラーのところでミスマッチ作って攻めていく、ホワイト狙い
バトラーのシュートが高確率で決まる
オフェンスリバウンドからフリースローも獲得しノリノリ
ビンセントが守備頑張る
交代 ビンセント→ラウリー
アデバヨのタッチがいい
ヒートの守備が前半通して強度高い
交代 ダンカン→ストゥールース、バトラー→タッカー
ブルズは勢いが落ちてくる
リード二桁に
アデバヨがムービングスクリーンで3つ目のファール
アデバヨ→デッドモン、ヒーロ→バトラー
ブルズも外中心に粘る
ヒートはブルズのファールに助けられる
ストゥールースの外決まる、いけるか
デッドモンが元気そう
ラウリーがスリーポイントファール獲得、観客のビールが台無しに
足元に入っていてフレグラント、ポゼッションもヒートに
9点リードで前半終了

 

Q3 32-22

スタメンで後半開始
ストゥールースがゴール下でどフリーになるも外す
ラウリーのプルアップスリー決まる
バトラーも時間ぎりぎりでスリー成功
一気に流れが来そうなところでヒートがターンオーバー連続
ストゥールースが守備頑張る
ブルズもターンオーバー出てくる
ラウリーの見事なパスでアデバヨ得点、リード広がる
アデバヨがバンクショットも決める
交代 バトラー→ヒーロ
デローザンにはダブルチームも仕掛けてリズムに乗せない
タッカーがオフェンスリバウンドでハッスル
からのヒーロがスリー成功
交代 ストゥールース→ダンカン、アデバヨ→デッドモン
ブルズはゾーンディフェンスも
ヒーロがスリー連発
ラウリーとデッドモンのコンビネーションがいい
ヒーロ後半3本目!
気づけばリード20点近くに
ダンカンは確率上がってこない
19点リードで4Qへ

 

Q4 29-30

交代 ラウリー→ビンセント、タッカー→バトラー
ビンセントもこの試合初得点
ダンカンはこない
ヒートのターンオーバーも
ダンカン4本目でようやく決める
ビンセントもスリー決める
ブルズも諦めないけれどヒートの守備がよく流れは掴めない
ダンカンの守備はどうしても狙われる
ブルズはスリーポイントにファールしてしまう
お互い少し攻撃が雑に
ヒーロにテクニカル
デッドモンの外こない
ビーンがここで決めてくる
ヒートの得点止まる
交代 デッドモン→アデバヨ
ビンセントがまたスリー決める
アデバヨの守備がいい
ダンカンがオープンスリー決められない
ラウリー、タッカーは戻らずか
ビンセント危うくターンオーバーも逆にファールもらえて助かる
バトラーが粛々とフリースロー獲得、ブルズ諦める
交代 バトラー→ハイスミス
交代 アデバヨ→ヤルツェヴン
ヤルツェヴンでかい
交代 ヒーロ→ハスレム
ハスレムのジャンパー決まらず
18点差で勝利

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2022-04-03 09:00 ヒート VS ブルズ

https://nba.rakuten.co.jp/games/22101164

 

ピックアップ

ゲイブ・ビンセント(20分)

13得点、1リバウンド、3アシスト、0スティール、0ブロック、フィールドゴール4/6(66.7%)、スリーポイント3/4(75.0%)、フリースロー2/2(100.0%)、0ターンオーバー、1ファール、+8

 

バム・アデバヨ(25分)

16得点、7リバウンド、3アシスト、0スティール、0ブロック、フィールドゴール7/9(77.8%)、スリーポイント0/0(-.-%)、フリースロー2/2(100.0%)、4ターンオーバー、3ファール、+14

 

マーティンが復帰したこの試合もビンセントがローテーション入り。

シュートを高確率で決めてしっかりとアピールしました。

この活躍であればこれからもローテーションに入り続けられるでしょうか。

マーティンにもどこかでチャンスはありそうですし、難しいところです。

 

そしてアデバヨはこの日前半のファールトラブルもありつつ16得点、7リバウンド。

このところ少しファールやターンオーバーが多めなのは気になるところ。

ただそれで消極的になるくらいであれば多少ミスしても積極的にいってほしい。

シュートのタッチもいいですし。

あとはレギュラーシーズン中にスリーを決められるかどうか期待です。

 

この試合ダンカンはスリーも2/7で確率上がらず得点は8。

守備で狙われる場面も多く難しい展開に。

ビンセントが守備で粘りを見せ、攻撃でも役割を果たしてきています。

そうなるとマーティンも含めてローテーション入りの競争ということにも。

ますます目が離せません。

 

残り4試合

ブルズにしっかりと勝利したヒート。

これで4連敗からの3連勝。

新しいローテーションもはまって勢いを完全に取り戻しました。

 

そんなヒートの次戦はバック・トゥ・バックで4/4月曜日。

アウェーでラプターズとの対戦に臨みます。

この試合でラウリーがトロントに初凱旋。

連戦ということで出場があるかは分かりませんが楽しみです。

 

ヒートはメンバーが全員揃っている状況。

ローテーションはこの試合と同じ形でいくのか、どうなのか。

ブルズ戦では温存できたとはいえバック・トゥ・バックなので主力は休ませるのか。

プレーオフに向けて色々と妄想が広がります。

 

それでは、ヒートの応援を一緒に楽しみましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1