ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2022.3.17レギュラーシーズン#70)

復帰した選手のコンディションは

前戦はウルブズに悔しい敗戦をしたヒート。

連勝とはなりませんでした。

とはいえ首位はしっかりキープです。

 

そして次に戦う相手はピストンズ

ピストンズは東の最下位争い中のチーム。

カニングハムも欠場とのこと。

手堅く勝っておきたい試合です。

 

対するヒートはバトラーが復帰。

マーティンはまだ欠場のようです。

かなり選手も揃ってきてローテーションも気になるところ。

あとは再び怪我、とならないことを祈りたいですね…。

 

それでは試合を振り返っていきましょう。

 

対 デトロイト・ピストンズ

MIA 105-98 DET

FG% 40.3%

3P% 36.4%

FT% 89.7%

リバウンド 44(OR 7 DR 37)

アシスト 20

ターンオーバー 13

 

Q1 29-22

ヒートが立ち上がりからターンオーバー献上
アデバヨにボールを集めていきたい
お互い序盤は得点が伸びない
ダンカンがスリー成功、リズム出るか
アデバヨはジャンパーは決めるけどダンクは失敗
ピストンズは外が決まらない
アデバヨが積極的、フリースロー稼ぐけど落としがち
ダンカンがスリーポイントファール獲得
ピストンズはファールが多い
バトラーがミスマッチ決めきれない
交代 アデバヨ→デッドモン、ラウリー→ヒーロ
タッカーがシュート避けてる気も
デッドモンのサイズ活かす
ピストンズも粘る、リードを広げられない
交代 ダンカン→オラディポ、タッカー→モリス
少しパス回し過ぎな印象も
ヒーロの外が決まる、いけるか
交代 バトラー→ラウリー、デッドモン→アデバヨ
ヒートはボーナスついてるの大きい
守備ではゾーンも
7点リードで1Q終了

 

Q2 28-29

オラディポのミッドジャンパー決まる
アデバヨが積極性見せるも3つ目のファール
交代 アデバヨ→デッドモン
ヒートが攻守で少し雑に
リード削られ逆転許す
すかさずタイムアウト
ピストンズのゾーンを崩せない
交代 オラディポ→バトラー、モリス→タッカー
ヒーロがドライブからのフリースロー獲得で粘る
交代 ラウリー→ダンカン
バトラーが強引なドライブ決めきれず、足もひねって痛そうに。。
ヒーロの外も来ない
ヒートはとにかくフリースローで得点重ねていく
交代 デッドモン→モリス、ダンカン→ラウリー
ピストンズは守備も思ったより粘り強い
ヒーロのスリーで追いつく、ヒーロは2Qまた二桁得点
ヒートが守備でも奮闘し24秒バイオレーション奪う、ただバトラー相当痛そう
ヒーロがスリーポイントファール獲得、1本外すも逆転
ヒーロがまたスリー!前半だけで20得点
モリスの復帰後初スリーが決まる
6点リードで後半へ

 

Q3 11-22

バトラー戻れず、ビンセントでスタート
タッカーのコーナースリー決まる、久しぶりな気が
ダンカンのテイクチャージ、からのスリー
あっという間にリード二桁に
次はラウリーがテイクチャージ
ピストンズは後半立ち上がりファールが重なる
アデバヨがイリーガルスクリーンで4つ目のファール、痛い
交代 アデバヨ→モリス
デッドモンではなくモリスを起用
お互い後半立ち上がりは笛が多い
モリスのフィジカルが際立つ
ボール回るもダンカンコーナースリー決められず
ピストンズが立て続けに外を決めて追い上げ始める
ビンセントのターンオーバーも相手がオフェンスファールしてくれる
交代 ビンセント→ヒーロ
ダンカンの外がこない
ヒートの得点が止まってしまう
交代 ダンカン→ストゥールース、モリス→デッドモン
14-0のラン許し同点に、たまらずタイムアウト
交代 タッカー→オラディポ
タイムアウト明けもターンオーバー、逆転許す
デッドモンがゴール下決められない
ラウリーの外もこない
交代 ラウリー→ビンセント
ストゥールースも外こない
5点ビハインドにされて4Qへ

 

Q4 37-25

交代 デッドモン→アデバヨ
ストゥールースのレイアップで久しぶりの得点
ヒートはゾーンディフェンス仕掛ける
ストゥールースのスリーで同点に
ストゥールースがブロックされた直後にまたスリー決める
ストゥールース3連発!
今度はダブルクラッチでブロックかわす!ストゥールースがヒートにエナジーと得点をもたらす
ビンセントはこない
一進一退の展開が続く
ストゥールースがテイクチャージも、ノリノリ
アデバヨが得点狙うも取りきれない
ヒーロも4Qに入りアタックモードへ
交代 ビンセント→ラウリー
交代 オラディポ→タッカー
アデバヨが点取れなくても繰り返して攻めて得点、いい
フリースローも獲得してしっかりと決めるのも好印象
ヒーロの後半初FGも出る、いけるか
ストゥールースまた外!アデバヨのスクリーンフェイクがきれいに決まる
ピストンズもシュート落とさずついてくる
ヒーロがここでスリー成功!勝負強い!
守備も集中力高く大事なポゼッション守り切る
アデバヨもフリースロー落とさない(4Qは6/6)、勝負ありか
ピストンズも諦めずファールゲームにくるけどラウリーがひとつも落とさない
7点リードで勝利

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2022-03-16 08:30 ピストンズ VS ヒート

https://nba.rakuten.co.jp/games/22101031

 

ピックアップ

マックス・ストゥールース(16分)

16得点、3リバウンド、0アシスト、0スティール、0ブロック、フィールドゴール6/9(66.7%)、スリーポイント4/6(66.7%)、フリースロー0/0(-.-%)、2ターンオーバー、0ファール、+1

 

バム・アデバヨ(24分)

16得点、8リバウンド、3アシスト、0スティール、0ブロック、フィールドゴール4/8(50.0%)、スリーポイント0/0(-.-%)、フリースロー8/10(80.0%)、2ターンオーバー、4ファール、+25

 

バトラーの怪我で出番が回ってきたストゥールース。

3Qからの嫌な流れを断ち切る4Q怒涛の16得点。

チームを救いました。

最近は怪我人の復帰でローテーションからは外れていて悔しい日々が続いているはず。

その中でもしっかり準備をしてこれだけのパフォーマンスができるのはさすがです。

 

この日はファールトラブルに苦しんだアデバヨ。

少し軽率なプレーが多かったかなという印象です。

もちろん笛が厳しい部分もありましたが。

出場している時間では圧倒的なプラスを記録していただけにもっとプレーしてほしかった。

それでも終盤はフリースローをしっかりと決めたりと成長が見られる部分も。

温存することができたと前向きに捉えておきましょう。

 

ヒーロは前半20点を記録し何点とるかなと思いましたが最終的には29得点。

前半に比べれば勢いは落ちつつも勝負どころでの決定力はさすが。

ベンチメンバーではデッドモンも少しプレーの波が出てきている印象。

この日は15分で±は-23。

単純には考えられないとはいえ少し不安な部分ではあります。

 

怪我だけが怖い

ピストンズ相手に苦しんだ場面もありつつ勝利したヒート。

バトラーの怪我やアデバヨのファールトラブルなど跳ね返せたのは大きいかと。

誰かが欠場しても誰かが活躍する良い状態です。

 

ヒートの次戦は3/19土曜日。

ホームでの連戦を締めくくるサンダーとの対戦。

締めくくるといっても1試合だけアウェーで試合をしてまたホーム4連戦ですが。

サンダーも下位に沈み、連敗も7まで伸びています。

ヒートとしてはこの試合も負けられません。

 

この試合で怪我をしたバトラーは今の時点ではQuetionableに。

大事を取ってほしいという気持ちと、プレーオフ仕様のローテーションを試す時間がほしいというところで難しいですね。

マーティンも引き続き、そしてタッカーもQuetionable。

ついにロスター全員が揃う可能性も残っていますがはたして。

 

それでは、ヒートの応援を一緒に楽しみましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1