ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2022.2.26レギュラーシーズン#60)

オールスターを終えて

オールスター前の試合はホーネッツ相手にOTにもつれる接戦を制したヒート。

東の首位で気分良く休暇も過ごせたことでしょう。

オールスター休暇も終え、いよいよシーズンも佳境に入ります。

 

まずはその初戦、アウェーでのニックス戦に臨むヒート。

ニックスは前回対戦でも勝っていますし、連敗中と調子も悪そう。

ケンバ・ウォーカーも今季残りは出場しないとのことでまさに再建中。

ヒートとしてはしっかり勝ちたい相手です。

 

そのヒートは怪我で欠場をしていたヒーロとマーティンが復帰。

頼もしいベンチメンバーが帰ってきました。

デッドモンは引き続き背中の怪我で欠場のよう。

ヤルツェヴンはこのチャンスを活かせるか。

 

それでは試合を振り返っていきましょう。

 

対 ニューヨーク・ニックス

MIA 115-100 NYK

FG% 47.0%

3P% 34.4%

FT% 74.3%

リバウンド 44(OR 4 DR 40)

アシスト 22

ターンオーバー 10

 

Q1 30-32

スタメンは前の試合と同じ
ヒートは立ち上がりなかなか得点取れず
守備はよさそう
ダンカンの外がこない
アデバヨがフリースロー獲得も両方外す、まだ点が取れない
無得点でビハインドが二桁に
バトラーの得点でようやく初得点
ラウリーも積極的に攻め始める
ダンカン2つ目のファール
ヒートはイマイチ乗り切れない
交代 ダンカン→ヒーロ
ラウリーがプルアップスリー決める、頼れる
アデバヨも得点取れない、こういうときに取りたい
守備では何とか粘りを見せる
交代 ラウリー→ビンセント
ヒーロ→アデバヨのアリウープ、勢い出るか
ニックスはランドルがフリースロー量産
交代 アデバヨ→ヤルツェヴン
ヤルツェヴンが早速エンドワン獲得
ヒートがジワジワとビハインド縮める
交代 タッカー→マーティン
ニックスではバレットの調子がよさそう
交代 バトラー→ラウリー
ヤルツェヴンがでかい
ヒートがゾーン
ヒーロが2本目のスリー成功
結局2点ビハインドまで詰めて1Q終了

 

Q2 35-23

引き続きヒートはゾーンディフェンス
ヒーロが得点伸ばす
マーティンがエンドワン獲得、速い
ビンセントのスリーも決まる
ベンチ陣の活躍もあってヒートがリード奪う
ラウリー→ヤルツェヴンのアリウープ、サイズ活かす
ニックスはゾーンを崩せない
交代 ヤルツェヴン→アデバヨ
ニックスのインバウンズをスティール、からのヒーロがスリー成功
勢いにのるヒートはペースも上がってくる
交代 マーティン→タッカー、ラウリー→ストゥールース、ヒーロ→バトラー
ビンセントのスリーでリード二桁に
アデバヨがディフェンスで抜群の存在感
タッカーがスリー決める、ヒートの勢いが止まらない
アデバヨがエンドワン獲得、左手フック決まる
交代 ビンセント→ヒーロ
アデバヨのブロック!
ニックスはバレットで粘る
ストゥールースもスリー成功、ダンカンは前半戻らず
交代 ヒーロ→ラウリー
アデバヨも積極的にリングを狙う
交代 タッカー→マーティン
マーティンがバレットにつけるのは大きい
それでもバレットは落とさない、前半だけで30得点を上げてチームを救う
10点リードで後半へ

 

Q3 25-30

スタメンで後半開始
ニックスは後半もバレット中心
ダンカンが後半もこない
バトラーも2本フリースローを外す
ニックスは外中心に追い上げてくる
タッカーのコーナースリー決まる
ダンカンこない、ファールも4つ目で精彩欠く
交代 ラウリー→ヒーロ
ニックスもミスあるけどヒートも突き放しきれない
アデバヨのパスが冴える
交代 ダンカン→ビンセント
バレットの外はさすがに落ちはじめる
交代 アデバヨ→ヤルツェヴン
バトラーが攻める、このQフリースロー4本外しながら14得点
ヒートは全体的にフリースローの確率が上がらない
交代 バトラー→ラウリー、タッカー→マーティン
交代 ヤルツェヴン→アデバヨ
アデバヨがまたランドルをブロック
5点リード4Qへ

 

Q4 25-15

交代 アデバヨ→ヤルツェヴン
ビンセント→ヤルツェヴンのコンビネーションから
ヒートがゾーン、この試合は多めな印象
バレットがコートに戻ると会場からチャント
マーティンがバレットに簡単に攻めさせない、大きい
ヒーロのスリーが決まる
交代 ヤルツェヴン→アデバヨ
アデバヨがバレットをブロック!
バレットのパスミスからマーティンがエンドワン獲得!
ヒートは再びリードを二桁に戻す
マーティンはスティールからダンクも
終盤に入ってニックスが立て続けにミスしてくれる(このQだけで9TO)
交代 ビンセント→バトラー、マーティン→タッカー
バレットは執拗にヒーロを狙ってくる
バトラーがバレットに対してエンドワン獲得
時間も進みヒートがゲームをコントロール
ニックスは最後決めきれないシーンが目立った
ヒーロがリバウンドでハッスル
アデバヨがフリースロー決めて勝負あり
15点リード

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2022-02-26 09:30 ヒート VS ニックス

https://nba.rakuten.co.jp/games/22100900

 

ピックアップ

タイラー・ヒーロ(30分)

25得点、7リバウンド、2アシスト、3スティール、0ブロック、フィールドゴール9/18(50.0%)、スリーポイント4/9(44.4%)、フリースロー3/6(50.0%)、1ターンオーバー、4ファール、+26

 

ケイレブ・マーティン(16分)

8得点、2リバウンド、1アシスト、2スティール、0ブロック、フィールドゴール3/4(75.0%)、スリーポイント0/1(0.0%)、フリースロー2/2(100.0%)、1ターンオーバー、4ファール、+14

 

怪我から復帰のヒーロが早速チームハイの25得点。

フリースローは50%と低めでしたがMSGの圧もありましたし。

ベンチからこれだけ得点力のある選手が出てくるのは破壊力抜群です。

6th Manも固いですかね。

 

そして同じく復帰して存在感を示したのがマーティン。

攻守で躍動感を見せてくれました。

本契約も勝ち取ってモチベーションも更に上がっていることでしょう。

プレーオフでも間違いなく重要な役割を果たしてくれるはず。

 

ヒーロ、マーティンの二人もそうですがこの日はベンチ陣がニックスのベンチを圧倒。

ベンチポイントで49-18と大きく突き放してくれました。

二人の復帰でこのところ続いていたベンチ陣の元気の無さも吹き飛びましたね。

そうなると競争はますます激しくなります。

この日はダンカンがスリーを5本打って成功なしの無得点。

出場時間も13分とかなり短くなりました。

ここからどうなるか見逃せません。

 

早速バック・トゥ・バック

オールスター休暇明けの試合を見事に勝利したヒート。

立ち上がりはどうしたかと思いましたが、杞憂に終わってよかったです。笑

まずは幸先のいいスタートをきることができました。

 

次の試合は早速のバック・トゥ・バックで2/27日曜日。

ホームに戻ってスパーズを迎えます。

スパーズもバック・トゥ・バックで、どうやら前戦はウィザーズとダブルOTにもつれた様子。

相手は疲労もあるでしょうし、余裕を持って勝ちたいところです。

 

ヒートとしてはオラディポ復帰はもう少し先になりそうです。

ただデッドモンとモリスはいつ復帰してもおかしくない状況。

特にモリスは3月の強豪との試合が続く前の試合でプレーを見たいのですが。

はたして。

 

それでは、ヒートの応援を一緒に楽しみましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1