ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2022.4.23プレーオフ1stラウンド#3)

王手なるか

前戦では接戦をものにしたヒート。

終盤のバトラーが驚異的な活躍でした。

これで2連勝です。

 

3戦目は敵地に移動しての一戦。

ホークスは相変わらずカペラとルー・ウィリアムスを欠いています。

とはいえホームに戻り気合も入れ直しているはず。

声援の後押しもあるでしょう。

 

ヒートとしては欠場の選手はなし。

Quetionableとなっていた選手は多かったですが大丈夫なようです。

ここまで乗り切れていないアデバヨやヒーロのパフォーマンスはどうなるか。

大活躍が待ち遠しいです。

 

それでは試合を振り返っていきましょう。

 

対 アトランタ・ホークス

MIA 110-111 ATL

FG% 44.1%

3P% 31.1%

FT% 82.4%

リバウンド 45(OR 11 DR 34)

アシスト 30

ターンオーバー 15

 

Q1 24-22

ストゥールースが早速スリーポイントファール獲得も2本外す
アデバヨが早くもターンオーバー
バトラー→アデバヨのダンク、乗っていってほしい
バトラーがエンドワン獲得も立てない、大丈夫か
ラウリーがプルアップでディープスリー
守備は変わらずいい
バトラーがスティール、クリアパスファールもらう
ヒートがオフェンスリバウンド頑張る
今度はアデバヨ→バトラーのダンク
ラウリーが2つ目のファール
ホークスのミスが目立つか
交代 ラウリー→ヒーロ
アデバヨのスティールからヒーロのスリー
アデバヨが力強い、続けてほしい
リードが広がる
交代 バトラー→ビンセント
ヒーロ→アデバヨのアリウープダンク
交代 ストゥールース→ダンカン
交代 タッカー→バトラー、アデバヨ→デッドモン
ヒートの得点が止まる、外がこないしターンオーバーも
ヒーロ→バトラーのアリウープダンクで何とかリード保つ
2点リードで2Qへ

 

Q2 30-39

デッドモンが元気そう
ヒートの外がこない
ボールはよく回っているけど…
一進一退の展開が続く
交代 ビンセント→ラウリー
ヒーロの外くる、リズム掴みたい
ヒートのターンオーバーが減らない
ラウリー3つ目のファール、厳しい
ビハインドがジワジワ広がる
交代 デッドモン→アデバヨ
ダンカンがスリーポイントファール獲得
ヒートも簡単には離されない
交代 バトラー→タッカー、ダンカン→ストゥールース
ヤングのロングスリー決まる、ホームの声援は大きい
ボグダノヴィッチも外決まる、ビハインド二桁に
ここでストゥールースのスリー
ガリナリも決めてくる、きつい
ヒーロもやり返す、この辺りは外の打ち合い
交代 ラウリー→ビンセント、ストゥールース→バトラー
ヒートがゾーン
ビンセントがエンドワン獲得、でかい
ホークスも決めてくる、ビハインドまた二桁に
ボーナスついてからの簡単なファールがもったいない
交代 ヒーロ→ストゥールース
ストゥールースが早速スリー、当たってきたか
7点ビハインドで後半へ

 

Q3 31-16

スタメンで後半開始
ホークスはターンオーバーから
ストゥールースの外が決まる
後半早々ヒートが追い上げる
ホークスはファール多い、2分でヒートにボーナスつく
同点のチャンスでヒートはターンオーバー
アデバヨがオフェンスファール、乗れない
ヒートもファール出てくる
ホークスもターンオーバーあり
ストゥールースのスリー落ちない!同点に!
タッカーのコーナースリー落ちるもアデバヨがリバウンドハッスル
からのセカンドチャンスでラウリーのスリー
ヒートの守備も一段とよくなる
ストゥールースの外決まったかと思ったけどその前にタッカーがファールされてた
交代 バトラー→ヒーロ
アデバヨも積極的出てきたか
ランでリード二桁に
ヒートのランが止まらない、最大21-0のラン
ヒーロガエンドワンかと思ったけどその前にアデバヨがファールされてた
チャレンジ成功でカウントとアデバヨのフリースロー
ホークスの得点がまるでこない
この試合ではラウリーのシューズが脱げる
交代 ラウリー→バトラー
ヒートも攻めきれないポゼッション続く
ホークスはヤングが粘る
交代 ストゥールース→ビンセント、アデバヨ→デッドモン
デッドモン戻って早速オフェンスリバウンド
交代 タッカー→マーティン
ヤングが凄い、ホークス盛り返す
交代 マーティン→ダンカン
最後は決められずも8点リードで4Qへ

 

Q4 25-34

ビンセント→バトラーのダンクから
ヒートはセカンドチャンス活かす場面が多めか
ダンカンの外も決まる!きたか
パット・ライリー、シャック、モーニングだったりも観戦に
ホークスも粘る、ヒートは早めに試合決めたいけれど。。
ヒーロの得点も伸びる
ボグダノヴィッチまた当たり始めて嫌な感じ
バトラーの勝負強さがまた出てきたか
ビンセントがここでターンオーバー、痛い
ラウリーが戻らない
交代 デッドモン→アデバヨ
ホークスもオフェンスリバウンドでハッスル、リード削られる
交代 ビンセント→ストゥールース、ダンカン→タッカー
ボグダノヴィッチが落とさない、ワンポゼッション差に
ここでヒーロのスリー!
ボグダノヴィッチがまた決める、クラッチゲームに
タッカーがオフェンスリバウンド粘る!でかい
ここでヤングがエンドワン、追いつかれる
ストゥールースがレイアップ決められない
ヒーロがヤングをブロック!
タッカーまたオフェンスリバウンド!からのストゥールースがスリー!!
ヤングもロングスリーで応酬
ここでオフェンスリバウンド取られてしかもエンドワン献上、痛すぎる
バトラーがここでスリー!勝負強い
連続スリーはこないけどアデバヨがリバウンド確保
そしてタッカーのコーナースリー!!逆転!!
交代 ストゥールース→ビンセント
ハーターのスリーがこない、ヒート試合を決めるチャンス
そのポゼッションでバトラーが決められず
反対にヤングが難しいフローター決めてきて1点ビハインド、残り4.4秒
バトラーがタフスリーに追い込まれて決められず
1点差での敗戦

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2022-04-23 08:00 ヒート VS ホークス

https://nba.rakuten.co.jp/games/42100103

 

ピックアップ

バム・アデバヨ(35分)

13得点、11リバウンド、5アシスト、3スティール、0ブロック、フィールドゴール5/9(55.6%)、スリーポイント0/0(-.-%)、フリースロー3/3(100.0%)、3ターンオーバー、2ファール、+11

 

タイラー・ヒーロ(34分)

24得点、7リバウンド、4アシスト、0スティール、1ブロック、フィールドゴール10/22(45.5%)、スリーポイント4/11(36.4%)、フリースロー0/0(-.-%)、3ターンオーバー、3ファール、-21

 

まだまだアデバヨが乗り切れていない印象です。

特に攻撃での貢献はまだまだしてほしいところ。

この試合4Qでのシュートは1本だけ。

高い確率で2点を取ってほしい時間帯にアデバヨがその役割を果たせたらと思わずにいられません。

コンディションの問題もあるのかもしれませんがステップアップが待ち遠しいです。

 

そしてヒーロは24得点と復調の兆しも確率はいまいち。

まだまだ本調子とは言えないのではと。

もちろんプレーオフということでレギュラーシーズンとは強度も変わってきます。

ただその中でもやれるだけの潜在能力はあるはず。

こちらもステップアップが楽しみです。

 

ここまで勝利に貢献してきた伏兵とも言われる選手たちもこの試合はプレーオフの厳しさを目の当たりにした形に。

ストゥールースは20得点でスリーの確率も高かったのですが、最初のフリースロー2本失敗や大事なところでのエンドワン献上、レイアップの失敗もありました。

そしてビンセントもこの試合はスリーが0/5、FGも1/6と確率を上げられずでターンオーバーとファールも3つずつ。

プレーオフの空気の中で長い時間プレーするのも貴重な経験です。

これまでと同じく成長をしていってくれるのを見守りましょう。

 

ラウリーはいかに

ホークスとの1点差ゲームを落としたヒート。

3連勝で一気に王手とはなりませんでした。

ヤングの勝負強さはさすがです。

 

気を取り直して3勝目を狙うヒートの次戦は4/25月曜日。

引き続き敵地での試合ですがタイに持ち込まれるのは避けたい。

ホークスはカペラがQuetionableということで戻るかどうか。

ルー・ウィリアムスは引き続き欠場のようです。

 

対するヒートで心配なのは何と言ってもラウリー。

この試合ハムストリングスを痛めて23分のプレーに留まりました。

一応Quetionableにはなっていますが心配です。

他にもアデバヨ、タッカー、ビンセント、マーティンがQuetionable。

全員揃って臨めたらいいのですが。

 

それでは、ヒートの応援を一緒に楽しみましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1