ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2022.2.1レギュラーシーズン#51)

休む間もなくロードへ

前の試合ではラプターズとの大激戦を落としてしまったヒート。

トリプルオーバータイムまでもつれた試合、取りたかった

バック・トゥ・バックでよく戦ったのですが。。

 

しっかり休んで、と言いたいところですが1日空いてすぐロード6連戦スタート

敵地でセルティックに挑みます。

セルティックスもいまいち乗り切れていないチーム。

勝って連敗を阻止したいところです。

 

選手の疲労も溜まりに溜まっているヒートはバトラーとタッカーが欠場

ラウリーもまだ欠場で試合をコントロールできるベテランが誰も出場しないことに。

若手だけで果たしてどこまでできるのか。

ヤルツェヴンがプロトコル入りしているということでシルヴァが4度目の10-day契約

主力を欠く中チャンスを活かしてほしいですね。

 

それでは振り返っていきましょう。

 

対 ボストン・セルティックス

MIA 92-122 BOS

FG% 39.1%

3P% 38.6%

FT% 70.0%

リバウンド 28(OR 10 DR 28)

アシスト 25

ターンオーバー 19

 

Q1 14-27

ビンセント、ダンカン、ストゥールース、マーティン、アデバヨ
入りはヒートの守備よさそう
オフェンスも形は作れてるけれどシュートは決まらない
セルティックスはテイタム中心に得点を重ねてくる
アデバヨも積極的に攻めるけれど得点奪えず
ダンカンが早くも2つ目のファール、ただでさえ選手がいないのに厳しい
交代 ダンカン→ヒーロ
セルティックスは外がよく決まる
あっという間にビハインドが二桁に
ヒートはターンオーバーも出て嫌な感じ
交代 アデバヨ→デッドモン
得点を取れず攻撃のリズムが出てこない
交代 ストゥールース→ダンカン
ヒートは攻めあぐねて打ちきれないシーンも
ゾーンディフェンスで守備から流れを変えにいく
交代 マーティン→アデバヨ
オープンで打てても確率が上がってこない、疲労感もあるか
交代 ビンセント→ガイ
最後は何とか守りきって13点ビハインド1Q終了

 

Q2 31-27

交代 デッドモン→シルヴァ
ダンカンが早々にファール3つ目、痛すぎる
交代 ダンカン→ストゥールース
ストゥールースの外が決まる、いけるか
ヒーロもジャンパー決まり始める
ガイのスリーも、立ち上がり早々に一桁に詰める
ヒートはオフェンスリバウンドも粘ってハッスル
俄然守備も勢いが戻ってくる
交代 アデバヨ→デッドモン
セルティックスの得点も止まる
ストゥールースのスリーで同点に!見事なカムバック
交代 デッドモン→マーティン
一気にいきたいところでターンオーバー、そこから連続得点許す、ラウリーが恋しい
交代 シルヴァ→アデバヨ
交代 ガイ→ビンセント
ヒートも粘るけれどあと一歩のところでミスして詰めきれない
マーティンがウィリアムズⅢの上からダンク!
アデバヨがゴール下で体張る
交代 ヒーロ→ガイ
ゾーン効いているけどリバウンド回収しきれない、頑張りたい
ストゥールースの外が決まる、助かる
アデバヨが強烈なスピンからリムを強襲してエンドワン獲得!もっと見たい
セルティックスも外の確率落ちない
交代 アデバヨ→デッドモン、ビンセント→ヒーロ
結局9点ビハインドで前半終了

 

Q3 25-40

スタメンで後半開始
ダンカンがエアボール、嫌な予感
セルティックスは相変わらずテイタムが決めてくる、またビハインド二桁に
ヒートはアデバヨ中心の攻撃で何とかついていく
せっかく守りきってもリバウンド取れない、頑張りたい
ビンセントがこない、ターンオーバーも献上
アデバヨが4つ目のファール、テクニカルも、厳しい
交代 アデバヨ→デッドモン
ヒートは流れを戻せずジワジワと離されていく
ゾーンディフェンスに一縷の望みを託す
粘るけれどもう一息というところでセルティックスも突き放す
ビンセントがまたターンオーバー、疲れが隠せないか
交代 ビンセント→ヒーロ
頼みの綱はストゥールースの外くらい
セルティックスの外も確率落ちない、ヒートの選手もあと一歩足が動いてないか
逆にヒートはオープン作っても決めきれない、きつい
交代 ストゥールース→ガイ、マーティン→アデバヨ
ビハインドが20点差以上に
ダンカンのスリーはこない、厳しい
24点ビハインドで4Qへ

 

Q4 22-28

交代 ダンカン→ストゥールース、ガイ→ビンセント、マーティン→シルヴァ
ビンセントのシュートセレクトも雑になってくる
4Qに入ってもヒーロの確率は上がらず
ヒートはファールも重なる、徐々に集中力もなくなってきている
アデバヨもフィニッシュしきれない
ヒートの選手は全体的に体重そう
シルヴァがオフェンスリバウンド頑張る
ヒーロのシュートがことごとく落ちる
セルティックスはテイタム温存か
アデバヨの決定力は課題
ビンセントが連続でスリー成功
ストゥールースも8本目決めるが時すでに遅し感
交代 ヒーロ→ダンカン、アデバヨ→ハスレム、ビンセント→ガイ
5分位残してヒートは諦める
30点差に
ストゥールースが9本目のスリー、キャリアハイ
最後までターンオーバーしてしまう、逆に清々しい
30点差で大敗

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2022-02-01 09:30 ヒート VS セルティック

https://nba.rakuten.co.jp/games/22100762

 

ピックアップ

バム・アデバヨ(32分)

12得点、5リバウンド、5アシスト、3スティール、1ブロック、フィールドゴール5/11(45.5%)、スリーポイント0/0(-.-%)、フリースロー2/3(66.7%)、2ターンオーバー、4ファール、-20

 

タイラー・ヒーロ(29分)

13得点、2リバウンド、3アシスト、0スティール、0ブロック、フィールドゴール5/18(27.8%)、スリーポイント2/8(25.0%)、フリースロー1/2(50.0%)、1ターンオーバー、1ファール、-8

 

ベテランを多く欠く中、攻守で中心になってほしかったアデバヨ

残念ながら期待していたようなパフォーマンスとはいきませんでした

特に攻撃の部分では積極的にいっても決めきれない、ファールも取れないというシーンが多々ありました。

引き立て役だけでなく支配的なプレーもできる潜在能力はあると思います。

あとはどの選択肢で得点を狙うかの判断の部分なのでしょうか。

 

同じく物足りないパフォーマンスに終わってしまったヒーロ

このメンバーでヒーロがFG30%切っていたら勝つのは厳しいかと。

プロトコル明けからそれほど経っていませんし、疲労はもちろんあったはず。

それでも守備の良いセルティックス相手に得点力を見せてほしかった

前回対戦でもやられて、この試合でも抑え込まれ、このまま黙ってはいないと信じたいですね。

 

全体的に攻撃の停滞感が否めなかったヒート。

その中でひとり気を吐いたのはストゥールース。

キャリアハイとなる9本のスリーを沈めて27得点。

ここ最近不調でしたがこれで復調してほしいところです。

 

5日で4試合

セルティックスに大敗して連敗となったヒート。

東の首位の座もブルズに明け渡すことに。

こればかりは選手のコンディションを優先せざるもえないですし、難しいですね。

 

連敗を止めるべくヒートが次に臨むのは2/2水曜日のラプターズ

またバック・トゥ・バック、これが5日間で4試合目の試合になります。

しかもそのうち1試合はトリプルオーバータイムにもつれていると。

ちょっと厳しすぎますね。。

前の敗戦の悔しさをバネに何とか戦ってもらうしかありません。

 

ヒートの選手で次戦復帰する選手の情報は今のところなさそうです。

ただバトラーとタッカー出場の可能性も高いのではと。

あとはラウリーがいつ戻ってくるか

モリスとオラディポもう少し時間がかかりそうな様子。

早く全員揃ったチームが見たいですね。

 

それでは、ヒートの応援を一緒に楽しみましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1