ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2021.11.16レギュラーシーズン#14)

ロードも終わり

前の試合でジャズに勝利し連敗を3で止めたヒート。
バトラー不在の中貴重な勝利を上げることができましたね。
 
連敗もあったロードトリップもいよいよ最終戦
相手はサンダー。
相手にも恵まれ連勝をしていましたが前日のネッツ戦では敗戦。
ヒートとしてはしっかり勝って長かった旅を勝利で終えたい。
 
しかしバトラーに続いてアでバヨもこの日はコンディション不良で欠場。
モリスも欠場なのでローテーションプレイヤーを3人欠く状況に。
若手の躍進が期待されます。
この日Gリーグから合流したギャレットも欠場なのは残念です。

 

それでは振り返っていきましょう。

 

対 オクラホマシティ・サンダー戦

MIA 103-90 OKC

FG% 45.1%

3P% 45.0%

FT% 84.6%

リバウンド 45(OR 8 DR 37)

アシスト 22

ターンオーバー 19

 

Q1 23-24

アデバヨの代わりにデッドモンがスタメン
ラウリーとヒーロが攻撃の中心に
ヒーロのスリー決まる
ダンカン、タッカーも続く
守備は誰が出てもいい
交代1 デッドモン→ヤルツェブン
ラウリー→ヤルツェブンのアリウープは合わない
交代2 ヒーロ→ストゥールース
得点が止まってしまい逆転許す
点差が開いていく
ヤルツェブンのハンドオフパスがイマイチ合わない
交代3 タッカー→マーティン、ヤルツェブン→デッドモン
交代4 ラウリー→ビンセント、ダンカン→ヒーロ
オフェンスでのミスが増える
相手も同じくで得点が伸びないので何とかついていける
マーティンがまたフリースローミス
ヒートはゾーンディフェンスをこの日も多用
ヒーロのスリーで何とか点差を縮めて1Q終了

 

Q2 20-19

ヒートはゾーンを続ける
攻撃では外中心の組み立て
若手が多いサンダーに対してゾーンがかなり効く
交代1 デッドモン→オクパラ
ヤルツェブンではなくオクパラをセンター起用
ヒーロはスリー以外のシュートの確率は低め
交代2 ヒーロ→ラウリー
マーティンの外が決まると大きいのだけれど
交代3 マーティン→ダンカン、ストゥールース→タッカー
オクパラも外がこない
ビンセントの4ポイントプレーかと思ったら逆にファール
サンダーは点が取れない
オクパラゴール下も決めきれず
ビンセントが攻守でハッスルを見せる
交代4 ビンセント→ヒーロ、オクパラ→デッドモン
ヒートも点取れず逆転を許してしまう
最後はラウリーが決めてなんとか同点で折り返し

 

Q3 31-24

スタメンで後半スタート
ハイポストのデッドモンにあててからのオフェンス展開
ゴール裏でコスプレしたサンダーファンがフリースローを妨害!
サンダーのターンオーバーが増える
前戦に続いてダンカンのスリーが冴える
レイアップも決めてバトラーがベンチで真似
サンダーはヒートの守備を崩せない
ヒートはオフェンスリバウンドも獲得して追い打ち
デッドモンがスリー決める
交代1 デッドモン→オクパラ
後半もオクパラをセンター起用、守備がいい
オクパラがまぁまぁ距離あるフックを決める、活路になるか…
交代2 ヒーロ→ストゥールース
ヒートは立て続けにターンオーバー
色々な選手が出ているなか攻撃方法も試行錯誤が続く
交代3 ダンカン→ビンセント、ラウリー→ヒーロ、タッカー→マーティン
オクパラがダンク、その後のスリーは決まらず

 

Q4 29-23

交代1 オクパラ→デッドモン
4Qに入ってヒーロがエンジン全開で得点重ねる
ストゥールースがテイクチャージ
ヒーロがディープスリーを決める
難しいフェイダウェイも、止まらない
トランジションでストゥールースがレッグスルーからのプルアップスリー
ビンセントもスリーを成功
ヒートはゾーンディフェンスを継続的に
デッドモンがディフェンス3秒とオフェンスファール立て続けに、疲れてる
デッドモンがスクリーンかけたまま固まってパスをスルー
交代2 マーティン→タッカー、ビンセント→ラウリー、ストゥールース→ダンカン、デッドモン→オクパラ
オクパラにテクニカル、オープンスリーも決められず何とも
リバウンドとディフェンスはいい分もったいない
交代3 オクパラ→デッドモン
タッカーとダンカンのスリーで決定的に
ヒーロ→デッドモンのダンクでクロージング
交代4 ラウリー→ビンセント、ヒーロ→マーティン、ダンカン→マーティン、タッカー→オクパラ、デッドモン→ヤルツェブン
ヤルツェブンがシュートを躊躇してトラベリング、思い切りやってほしい

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。 

2021-11-16 10:00 ヒート VS サンダー

https://nba.rakuten.co.jp/games/22100207

 

ピックアップ

タイラー・ヒーロ(37分)

26得点、7リバウンド、6アシスト、2スティール、0ブロック、スリーポイント5/8(62.5%)、フリースロー3/3(100.0%)、6ターンオーバー、2ファール、+28

 

KZ・オクパラ(15分)

8得点、7リバウンド、1アシスト、1スティール、0ブロック、フィールドゴール3/9(33.3%)、スリーポイント0/3(0.0%)、フリースロー2/2(100.0%)、0ターンオーバー、1ファール、-4

 

ヒーロがバトラー、アデバヨ不在のチームを見事に牽引。

昨季の開幕序盤から比べると成長が凄い。

ハートの強さと技術の高さがコート上でしっかりと表現できています。

その上試合後のインタビューではターンオーバーの多さに触れる向上心。

将来が楽しみでしょうがありません。

 

そして今季初めて本格的な時間が与えられたオクパラ。

守備やリバウンドでは十分にやっていけるパフォーマンスを見せてくれました。

あとは攻撃でどんな役割を果たすことができるのか。

この日もスリーが決められず、ゴール下でもミスするシーンが。

少し長い距離でのフックを決めていたのでもしかしたら武器になるのか。

同じ3年目のヒーロに負けないくらいの成長を期待したいです。

  

ホームへ

長いロードは2-3で終えてホームへ。

勝ち越しとはいきませんでした。

ただ初戦の騒動や怪我人の状況も考えると及第点では。

若手も自信と課題を感じる機会が沢山あったと思います。

 

ホームに戻って戦うのはペリカンズ。

11/18の木曜日にペリカンズと戦いバック・トゥ・バックでウィザーズとの一戦があります。

ホームに戻ったからといってゆっくりはできないタフな日程ですね。。

バトラー、アデバヨもホームでプレーすることができるか気になるところです。

 

それでは、一緒にヒートを応援しましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1