ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2021.11.9レギュラーシーズン#10)

ロードトリップ開始

前の試合ではジャズとの熱戦を制したヒート。
最後はヒヤヒヤしましたが勝てて何より。
勢いそのままに長いロードトリップに出発です。
 
まずは初戦のナゲッツ戦。
標高の高い敵地でヒートのエナジはキープできるか。
何より相手には昨季MVPのヨキッチがいます。
マレーが不在で勝ち星が伸びていないとはいえ力のあるチームです。

 

それでは振り返っていきましょう。

 

対 デンバー・ナゲッツ

MIA 96-113 DEN

FG% 39.7%

3P% 36.1%

FT% 84.0%

リバウンド 37(OR 6 DR 31)

アシスト 22

ターンオーバー 13

 

Q1 30-25

ダンカンがスリー成功して連続成功試合数の記録更新
ナゲッツの守備が戻り早い
ダンカンが立て続けにスリー成功
ナゲッツはヨキッチ中心に試合を組み立ててくる
でかい、攻守に存在感が凄い
ヒートはシュート打ち切る前にヨキッチに捕まってしまう
点差が開いていく
交代1 ラウリー→ヒーロ
ヒーロのスリーがこない
バトラーの得点で何とかついていく展開
交代2 アデバヨ→デッドモン
ヨキッチにはタッカー、ボール持ったらダブルチーム
交代3 ダンカン→マーティン
交代4 バトラー→モリス、タッカー→ラウリー
バトラーいないと点が取れないオフェンスが良くない日

 

Q2 24-34

交代1 マーティン→ダンカン
オフェンスリバウンドを許してしまう場面が目立つ
交代2 デッドモン→アデバヨ
ナゲッツはヒートの守備のズレを見逃さずにフリー作る
モリスのダンク阻止される
ヨキッチいない時間で詰めたいけど逆に離されてしまう
交代3 ヒーロ→バトラー
ヒートはリング周りで決めきれない
ダンカンがファールトラブルに、最近多い
交代4 ダンカン→ヒーロ、ラウリー→マーティン、モリス→タッカー
とにかくセカンドチャンスを与えてしまう
タッカーが接触で左肩怪我…
交代5 タッカー→ラウリー
どうしてもヨキッチが気になって集まってしまう
ジワジワ離される嫌な展開
交代6 アデバヨ→デッドモン
笛が厳しい
交代7 マーティン→モリス、デッドモン→アデバヨ
ナゲッツの攻めが早い
アデバヨがヨキッチからファール獲得、これをもっと
バトラーがフリースロー2本外す

 

Q3 21-27

スタメンで後半開始、タッカー大丈夫そう
ヨキッチの引力が凄い
あっという間に20点差
ダンカンが後半はこない
審判の笛が怪しい
ヨキッチがでかい、アデバヨのサイズのなさが際立つ
ラウリーのシュートがひとつも決まらない
ヒートはディフェンスのコミュニケーションミスのような場面も
オフェンスでのターンオーバーも増える
アデバヨが相手選手と膝をぶつけてしまう
交代1 ラウリー→ヒーロ
アデバヨのジャンプシュートが決まる、もっと見たい
後半もセカンドチャンスを与えてしまう
ダンカンがヨキッチをブロックしてからの4ポイントプレー
交代2 アデバヨ→デッドモン、バトラー→ラウリー
交代3 タッカー→モリス
そのままの勢いでいきたいけど乗り切れない
交代4 ダンカン→ビンセント

 

Q4 26-22

交代1 ビンセント→ラウリー
ヒーロの連続スリーが決まって流れが傾きかける
ラウリーがこない、結局この日無得点
ランで何とか点差詰める
ここぞという場面でヨキッチ戻って攻守で落ち着きをもたらす
ヒートは取りたいリバウンドが取れない
交代2 デッドモン→アデバヨ
ディフェンスでギャンブルにいくけどかわされる
バトラーのスリーでどうにか希望つなぐ
残り2分39秒でモリスがヨキッチにハードファール
ヨキッチがタックルでやり返す
熱い試合は見たいけど、こういうのが見たいわけではない
しばらくモリスは立てなかったけど何とか歩いてロッカーへ
ヨキッチ退場、ボルボルがフリースロー打つ
ヒートはこのタイミングで主力を下げる
ラウリー→ビンセント、ヒーロ→ダンカン、バトラー→マーティン、モリス→オクパラ、アデバヨ→ヤルツェブン
ヤルツェブンはこういう展開でもゴール下をしっかり決めたい

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。 

2021-11-09 11:00 ヒート VS ナゲッツ

https://nba.rakuten.co.jp/games/22100151

 

ピックアップ

カイル・ラウリー(37分)

0得点、3リバウンド、4アシスト、1スティール、1ブロック、スリーポイント0/6(0.0%)、フリースロー0/0(-.-%)、3ターンオーバー、4ファール、-20

 

バム・アデバヨ(31分)

10得点、10リバウンド、2アシスト、1スティール、0ブロック、フィールドゴール3/10(30.0%)、フリースロー4/6(66.7%)、2ターンオーバー、2ファール、-17

 

ラウリーがトリプルダブルの活躍から一転。

この日は数年ぶりの得点なし。

序盤からターンオーバーもあり、リズムを作れませんでした。

ディフェンスでもいつもの存在感は感じずコンディション不良でなければいいのですが。。

 

そしてアでバヨもヨキッチに完敗。

ヨキッチはこの試合トリプルダブルを決めてチームを勝利に導くパフォーマンスを見せました。

アデバヨに止めてほしかったのですがサイズ差は大きい。

頭の上からいくつもパスが通されてしまいましたし、オフェンスリバウンドも4本許すことに。

MVP相手に力の差を見せられた形です。

次戦で雪辱を果たしてくれるでしょう。

  

旅路は続く

最後は険悪なムードで敗戦を喫したヒート。

その前からフラストレーションが溜まっていたようではありましたが、ハードなプレーとダーティなプレーの線引はしっかりしてほしい。

そもそもその前のアデバヨのシュートでファール取ってくれてたらと思いつつも、どういう背景があってもこういう場面は見たくないものです。

しかも負けてるので気の重さは何倍にも膨らみますし。

仕事を頑張ってヒートの試合で楽しむはずが気が滅入ることこの上ありません。

 

そんな嫌な空気を変えるのはやはり勝利。

次戦の11/11レイカーズ戦で勝って嫌な雰囲気を変えたいところ。

相手はレブロンも怪我ですし本調子ではないようです。

勝ちたいです。

 

ロードトリップのスタートは嫌な形になりましたが旅路は続きます。

シクサーズが負けて結果的には東の首位に立ちましたし、いつものパフォーマンスが見せられたらしっかり勝てるのが今季のヒート。

この試合で歯車が狂ってしまわないよう、むしろこの件でチームの団結力がより一層増すことを願いたいですね。

 

それでは、一緒にヒートを応援しましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1