ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

日本、スペイン相手に健闘_TOKYO2020男子バスケ

いやー負けましたねー。

77-88で敗戦。

健闘でした。

 

開始直後は日本代表も固さが見えて得点が取れず。

スペインも結構最初の方はシュートを落としていたのでチャンスだったのですが。。

それでも第1クォーターは点差を広げられず期待が膨らみます。

 

しかし第2クォーター、特に終盤リッキー・ルビオがコートに戻ってきてから一気に点差を離されることに。

一時は一桁差くらいで折り返せるかとも思えたのですが。。

FIBAルールでのルビオはパティ・ミルズに匹敵する強さです。

結局20点差をつけられて後半に。

フリースローをいくつか外していたのもきつかった。

スペインにこれだけ広げられると心が折られてもしょうがありません。

 

後半試合が壊れる可能性もあるかなーとドキドキしていたのですが日本代表はしっかりとプレー。

スペインは主力のプレータイムを抑えていたこともあり一桁差になるシーンも。

思ってたのとは違うドキドキを楽しめましたねー。

ただそこはスペインも最後の最後は詰めさせず。

最終盤にルビオもベンチから戻ってきてクロージング。

スペインはやっぱり強かった。

 

日本の次戦は7/29にスロベニアと。

スロベニアはルカ・ドンチッチが初戦で大暴れ。

31分のプレーで48得点、5アシスト、11リバウンド、3ブロック。

どうしようもない。

ちなみにドラギッチの弟もいます。

結局アルゼンチンにも18点差つけて勝ってますからね…。

厳しい戦いになることは必須ですが良い試合がみたい。

 

八村、渡邊の活躍も欠かせませんが他の選手もオープンでボール受けたらガンガン打ってほしいです。

馬場だったりリムにアタックできる選手はどんどんいってほしいですし。

そっちに気がいけば二人もプレーしやすくなるでしょう。

いやーどうする。

 

そもそもドンチッチを止められるのか。

ガード陣はルビオにもこてんぱんにやられてますし、まず一人で抑えるのは無理と考えるとひたすらダブルチームいきまくる感じですかね。

仮に渡邊がつけたとしてもさすがにドンチッチ相手じゃソロだと…。

うーん、厳しい。

 

ただアメリカも初戦フランスに負けていますし、オリンピックは何が起きるか分かりません。

期待して待ちましょう!

 

それでは。