ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

20-21NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2021.4.14#54)

勝ちたい

ロード4連線の初戦は見事勝利したヒート。

勢いそのままに連勝を伸ばしたいところ。

挑むのは西の強豪サンズです。

 

サンズはジャズに続いて西の2位につけています。

ただ直近の成績など踏まえると今リーグで一番強いのではと。

ヒートにとってはタフな戦いになります。

 

オラディポも今季はもう厳しいのではという話が。

少しずつヒートにフィットしてきて攻守に存在感を見せつつあったところでの長期離脱。

厳しすぎます。。

ナンがその分この試合でも活躍してくれるか。

 

それでは振り返っていきましょう。

 

対 フェニックス・サンズ

 

MIA 86-106 PHX

Q1 34-26

Q2 16-30

Q3 22-27

Q4 14-23

 

FG% 37.8%

3P% 20.5%

FT% 78.9%

リバウンド 36

アシスト 24

ターンオーバー 16

 

あえなく敗戦。

まぁ想定の範囲内です。

 

ヒートはこの日もナンがスタメン。

2試合連続のスタメンになりましたが試合を通して若干空回りしていた感が。

それでも序盤からダンカンの4ポイントプレーが生まれたり、アリーザがオフェンスでも良い働きをして好調な滑り出し。

バトラーもスリーポイントを決め、ディフェンスもいつもどおりタイト。

結果ヒートは第1クォーターで最大13点のリードを奪うという最高の展開に。

サンズもエイトンがオフェンスリバウンドを立て続けに獲得するなど粘りを見せますが、それでもヒートは8点リードして第1クォーターを終えます。

 

これはいけるのでは、と思ったのもつかの間、第2クォーターからヒートのオフェンスが悲惨なことに。

特にこの試合はベンチメンバーが中心になると流れが悪く、サンズのベンチポイントが65と絶好調だったのに対しヒートは24。

ディフェンスは頑張るのですが簡単に逆転を許してしまいます。

外からのシュートもヒートは9本打って1本も決められず。

エナジーに欠けているようにも見えたヒートは8点リードから一点6点のリードを許して前半を終えます。

 

これは後半に入ってエンジンを入れていくパターンなのかなという予測も今回は外れてしまいます。

サンズのディフェンスが良いというのもありますが、ヒートのオフェンスが上手くいきません。

個人的に気になったのはアデバヨの積極性。

ボールを持っても全くリングを見ないシーンが多すぎたかと。

ブッカーに自由な攻撃を許さないなどディフェンスは継続でき、ヒートにも逆転のチャンスが何度かありました。

しかしこの日は詰めきれない。

オラディポがいないことでチャンスを与えられたナンもバトラーがゴール下でフリーなのにスリーポイントを狙って外し、さらにはその後のプレーで5つ目のファール。

ヒートのガード陣のドライブに迫力が欠けていたことも重なり、オラディポがいればと思わずにはいられませんでした。

 

それでも第4クォーターに入った時点で11点差。

まだまだ追い上げられるというタイミングでバトラーがシュート後相手選手の足の上に着地して足首を捻ってしまいます…。

普通に危険なプレーだったと思うのですがノーコール。

フレグラントじゃないのかと。。

ヒートはそんな状況でもゾーンを織り交ぜ何とか点差を詰めようとします。

ただサンズも巧みにヒートのディフェンスを交わし、何よりヒートの得点が伸びないので点差が縮まりません。

試合序盤から少しずつ足が遅れているように見えたヒートは試合終盤になるにつれてそれが顕著に現れてきます。

結局このクォーターだけで5つのターンオーバーを献上。

スリーポイントも10の1。

3分ほど残してお互い主力は下がる展開となってしまいました。

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。 

2021-04-14 11:00 ヒート VS サンズ

https://nba.rakuten.co.jp/games/22000827

 

ピックアップ

バム・アデバヨ(33分)

11得点、10リバウンド、5アシスト、3スティール、1ブロック、フリースロー3/4(75.0%)、4ターンオーバー、2ファール、+2

 

ゴラン・ドラギッチ(27分)

12得点、6リバウンド、4アシスト、0スティール、0ブロック、スリーポイント0/7(0.0%)、1ターンオーバー、3ファール、-25

 

ダブルダブルとはいえ今日のようなチームの得点が伸びない展開ではアデバヨがもっと点を取らないといけないかと。

フィールドゴールのアテンプトはわずかに6本、フリースローの獲得は4本。

それでいいのかと。

確かにエイトンの存在感はありましたが攻守で圧倒してほしかったです。

 

そしてドラギッチ。

コンディションが戻っていないようにしか見えない試合でした。

これは怪我の影響なのか、疲労の影響なのか、衰えなのか。

攻撃でも外からひとつも決められず、守備でもアタフタしている場面が多かったような。

+/-はチームワーストの-25。

ただでさえオラディポがいなくなった現状でドラギッチもこの状態だと厳しいです。

 

ナンも上でも少し書きましたがこの日は空回り。

シュートセレクトの悪さ、ディフェンスでの粗さが目立ってしまいました。

挽回してくれるといいのですが。。

 

空回りという意味ではアチウワもそんな印象です。

ここ数試合はエナジー溢れるプレーを見せてくれていましたが、リーグベストのチームが相手になると粗のほうがどうしても目立ってしまいますね。

それもあってビエリツァも少しプレータイムがあったのですが効果的なプレーはできず。

二人とももう少し時間が必要そうです。

  

ロードは続く

連勝を伸ばすことができなかったヒート。

それでもロードは続きます。

またひとつ負けただけです。

 

次の相手はバックトゥバック、日本時間4/15にナゲッツと。

日程、相手ともに厳しい。

マレーがACLの怪我で今季絶望とはいえ楽な試合にはならないでしょう。

 

今回の試合含め12日で8試合という厳しい日程が続いていきます。

バトラーも試合中足首を捻っていましたし、コンディションには気をつけてほしいところです。

 

それでは、一緒にヒートを応援しましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1