ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

20-21NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2021.4.4#50)

良くなるチーム

ウォリアーズにも勝利し3連勝となったヒート。

どんどん良くなるチームを見るのは面白い。

前の試合でオラディポもデビューして補強した戦力も揃い済みです。

 

チームのケミストリーをどんどん上げていきたいヒートはホームでの試合が続きます。

この日は目下セックスランドという凄いコンビ名をつけられているセクストンとガーランド中心に再建中のキャブスと。

イグダラはコンディション不良で欠場とのことですがしっかり叩いてくれるでしょう。

 

ヒートとしてはホームが続き、日程も余裕があるということで一気にチームを仕上げたいところ。

この試合でもそんな様子を見せてくれることが期待されます。

 

それでは振り返っていきましょう。

 

対 クリーブランド・キャバリアーズ

 

MIA 115-101 CLE

Q1 36-27

Q2 31-27

Q3 17-19

Q4 31-28

 

FG% 53.7%

3P% 39.5%

FT% 75.0%

リバウンド 37

アシスト 35

ターンオーバー 11

 

キャブス相手に快勝。

久しぶりに第1クォーター、前半から余裕のある試合になった気がします。

 

ヒートは序盤からリズムよく試合を運んでいきます。

特に外からの確率が高くこのクォーターはロビンソンが3/3、アリーザが3/4。

アリーザがこのくらい当たってくると凄く大きい。

リードが広がるに連れ若干雑に見えるプレーも出てきますが余裕のある展開に。

バトラーがこのクォーターだけで4アシスト、オラディポのドライブも要所で効果的に繰り出されて気分良く試合が進んでいきます。

 

第2クォーター開始後は少し余裕を出しすぎたのか、ディフェンスも若干ソフトになり点差を詰められます。

ビエリツァの外が来なかったり得点も伸びずに嫌な感じが。

しかしこの日出場機会を得たアチウワがオフェンスでは粗さを露呈しつつリバウンドやディフェンスでエナジーを見せれば、イグダラ不在のチームにアリーザが落ち着きをもたらします。

ヒーロも3ptこそ決まりませんがこのクォーター8得点とチームを牽引。

最後はオラディポのユーロステップからの見事なレイアップが決まってリードを広げて前半を折り返します。

 

後半になるとお互いシュートが落ち始めて少し試合に落ち着きが。

前半を二桁差で折り返したこともありヒートのオフェンスも少し緩みでてきてこのクォーターだけで5つもターンオーバーを献上。

第3クォーター残り4分ほどのところで5点差まで点差を縮められてしまいます。

しかし、そこからヒートもタイムアウトを取るなど気合を入れ直し連続得点で再び二桁差に。

キャブスにチャンスを与えません。

 

そして第4クォーター、ヒートはこのリードをしっかり守りながら試合を進めていきます。

オフェンスがそれほど良くなくても、ディフェンスで相手に流れを渡しません。

どんどん点差を詰めたいキャブスに対して継続してプレッシャーを与え続けます。

キャブスもそんな中得点を重ねるのですがフリースローからが多く、ヒートは若いチームに勢いを渡さないようにしていた印象です。

点差が変わらないまま時間だけが過ぎていき、ラスト数分でこの試合最大リードに広げて余裕を持って勝利を掴む。

ヒートの試合巧者ぶりが見られたかなと。

アデバヨも第4クォーターわずか5分の出場と温存もでき、最後はストゥールースからアチウワへの見事なパスからアリウープダンクと気分良く試合を終えることができました。

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。 

2021-04-04 09:00 キャバリアーズ VS ヒート

https://nba.rakuten.co.jp/games/22000749

 

ピックアップ

ビクター・オラディポ(29分)

8得点、1リバウンド、5アシスト、2スティール、1ブロック、3ポイント1/6(16.7%)、4ターンオーバー、+10

 

エマニャ・ビエリツァ(24分)

10得点、7リバウンド、5アシスト、0スティール、0ブロック、3ポイント1/5(20.0%)、1ターンオーバー、+7

 

この試合も活躍した選手が多いのでピックアップは難しかったのですが、前回と同じでこの二人。

オラディポは+10だったのかと感じるほど前の試合と同じく空回りしている印象でした。

フィールドゴールも3/13(23.1%)、ファールも5つ献上とまだまだかなと。

それでもディフェンスでは貢献度も高かったですし、ドライブも攻撃オプションとして有効になりそうな気が。

アデバヨだったりとペイント内でコンビネーションを見せる機会も増えるのでしょう。

オラディポがリズムに乗ってくるのが楽しみです。

 

イグダラ不在ということがありつつビエリツァもプレータイムを伸ばしてきました。

欲を言えば3ptがもう1本くらいきてほしかったなと思いますが、加入したばかりでこのパフォーマンスなら十分かと。

アデバヨと一緒に出場する時間も多かったですしその柔軟性は期待通り。

まだ少しプニプニしているようにも見えるので絞れてきてディフェンスでバタバタすることが減ってくるとかなり良さそうな。

めちゃくちゃ期待しています。

 

この試合はアデバヨとロビンソンの18得点を筆頭にバトラーとアリーザが15得点、ドラギッチが13点、ヒーロとビエリツァが10得点と7人が二桁得点。

いい感じですねー。

ロビンソンは相変わらず調子が良さそうでこの試合も+/-はゲームハイ。

頼もしいです。

 

アチウワはこの日8分のプレーで6得点、2リバウンド、1ブロック。

得点は正直お膳立てされた感が強いものでしたが、ディフェンスやリバウンドでのエナジーは評価されたのではないかと。

焦らず継続していけばプレータイムも増えてくるはずです。

どこかで役割は出てくると思うのでそのときに備えて頑張ってほしい。

  

どこまで伸びるか

これで4連勝。

今季のヒートは連勝したり、連敗したりが続きますね。笑

今回の連勝はどこまで伸びるか楽しみです。

 

若手が多いキャブス相手ということもあり多少のズレが敗戦につながるようなこともありませんでしたが、これがプレーオフになってくると命取りに。

ここからそういったシーンも減ってくるはず。

それもプレーオフまでの楽しみのひとつですね。

 

まずは次の試合、日本時間4/7のグリズリーズ戦。

前回連敗が始まった相手、倒したいですね。

日にちも開くので準備時間も十分取れるはず。

楽しみです。

 

それでは、一緒にヒートを応援しましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1