ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

NBA_八村塁観戦記(2020.7.28練習試合#3)

最後の練習試合

ここまで2試合の練習試合をこなしてきたワシントン・ウィザーズと八村塁。

いよいよ最後の練習試合に臨みます。

 

相手はロサンゼルス・レイカーズ

言わずと知れた今季の優勝候補No.1チームです。

 

ここは八村も気合いを入れて、と思いましたがレイカーズはレギュラークラスの選手は全員欠場。

ベテランも多い中コンディションを優先したようです。

 

とはいえ控えも実力者揃いのレイカーズ

八村は最後の練習試合で活躍、そしてチームを勝利に導けるのか。

特に第4クォーターで結果を出すことができるか。

 

それでは振り返っていきたいと思います。

 

対 ロサンゼルス・レイカーズ

 

WAS 116-123 LAL

Q1 35-38

Q2 30-31

Q3 30-37

Q4 21-17

 

最後まで粘りを見せますが勝利とはならず。

第4クォーターで八村の活躍を見ることもできませんでした…。

 

逆にレイカーズは層の厚さを見せつける形に。

シーズン再開に向け獲得したJR・スミスが20得点でゲームハイ。

さすがです。

 

何度か記事にも書いてきたディオン・ウェイターズも18得点、6アシストの活躍。

色々あっても実力のある選手。

再開後のシーディングゲームでも間違いなくレイカーズの戦力になりそうです。

 

ウィザーズは若干疲れが見えていた気も。

特に第4クォーターは何度か逆転のチャンスもありましたが活かせず。

ちょっと雑かなと感じるシーンが多かったです。

 

八村のスタッツ

28分

19得点

3リバウンド(ディフェンス2、オフェンス1)

3アシスト

0スティー

0ブロック

フィールドゴール53.8%(7/13)

3ポイント100.0%(1/1)

フリースロー100.0%(4/4)

0ターンオーバー

1ファール

 

数字的には立派です。

この試合でもチームハイの得点。

これで練習試合は全てスコアリングリーダーに。

凄いですねー。

 

ただ、この試合第4クォーターでのプレイは3分くらい。

得点もなし。

かなり疲れているように見えましたし、チームのプランであれば仕方ありません。

 

とはいえ、やはり活躍を期待せずにはいられません!

やはり今のウィザーズの選手のなかで八村のオフェンス力は抜けています。

 

シーディングゲームへ

ということで、ウィザーズは練習試合を全て消化しシーディングゲームへ。

勝利はなくとも手応えはあったのではないでしょうか。

 

シーズン再開後もタイトでタフな日程が続きます。

とりあえずケガだけはしないようにしてほしいところです。

 

そして、プレーオフへ…!

八村の活躍でチームを勝利に導いてほしい。

 

ルーキーでそんなパフォーマンス見せられたら凄すぎます。

でもきっと、と思わせてくれるだけのプレーを八村はこれまで見せてくれました。

やってくれるはず!!

 

再開後の初戦は日本時間の8月1日の朝5時から。

相手はフェニックス・サンズ

勝ちたい!

 

楽しみに待ちましょう!