ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

コーチ・カーター

 

初めて買った映画

 

コーチ・カーター (字幕版)

初めて自分でお金を出して買ったDVDがコーチ・カーター。

高校生のときに地元の書店で偶然見かけ、当時バスケが好きになりかけてたこともあり購入しました。

 

アメリカのリッチモンドを舞台にした実話に基づく話です。

アメリカでは2005年1月に公開。

日本では同じく2005年の8月に公開されました。

 

大学にいく学生より刑務所にいく学生の方が多いくらい治安の悪いリッチモンド高校。

そこの弱小バスケ部にサミュエル・L・ジャクソン演じるケン・カーターが着任。

スパルタ指導で一躍強豪校に、というお話です。

 

青春

バスケが題材なので当然バスケのシーンが沢山あります。

この映画では不自然な演出や合成はなく、演者のリアルなプレーを見せています。

 

正直シュートフォームとか微妙だなと思うシーンもあります。

ただそれもまたリアル。

 

そしてこの映画はただの青春バスケ映画ではありません。

治安の悪い環境で多感な時期を過ごす10代、その複雑な心境を丁寧に描いています。

 

よくない環境で過ごしているだけあり、生徒たちは様々な問題をかかえ、多くの過ちを犯します。

日本の田舎でのんびりと育った自分には衝撃でした。

同じ年頃の高校生がこんな風に生活しているのか、と。

 

それをどう乗り越え成長していくのかも見所です。

 

音楽やダンスもカルチャーを表現するために効果的に取り入れられています。

特にエンディングはシーンと曲が相まってとても良いです。

 

凄く影響を受けてる

数年ぶりに鑑賞したのですが、凄く影響を受けているなーと感じました。

 

初めて観たタイミングが高校生のときだったというのも自分に重ねて考えやすかった一因かもしれません。

 

かといって大人になって観ても楽しめないかというと、そんなことはなく。

月並みですが新たな気づきだったりもあります。

 

もぉ10年以上前の映画ですが面白い。

 

またいつか観て、きっとその時はその時で何か考えるのでしょう。

 

あと何気に英語が沢山聞き取れるようになってて、あの頃の自分からの進歩も感じました。笑

いつか字幕なしでもいけるようになる日を目指して…!

 

最後に映画に関係のない話をしてしまいましたが、時間があればぜひ観てほしいです。

おすすめです。

 

コーチ・カーター (字幕版)

コーチ・カーター (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video