ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

20-21NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2021.4.22#59)

試合が多い

前の試合でロケッツに圧勝して連勝のヒート。

それにしても試合が多いです。

大体誰かが欠場をしてコンディションを整えながらでないと厳しい。

 

アウェーに移動してのスパーズ戦も何とか主力のプレータイムを抑えつつ勝ちたいところ。

スパーズは昨季20何年ぶりにプレーオフを逃して今季も順位は上がってきていません。

かといって再建中とイメージもないので油断はできない。

 

ヒートはバトラー、アデバヨ、ヒーロが復帰。

イグダラは欠場ということでフルラインナップはなかなか揃いませんね。。

何気にバトラーが喝を入れてから最初の試合。

楽しみです。

 

それでは振り返っていきましょう。

 

対 サンアントニオ・スパーズ

 

MIA 107-87 SAS

Q1 27-27

Q2 24-26

Q3 26-19

Q4 30-15

 

FG% 47.0%

3P% 41.9%

FT% 80.0%

リバウンド 44

アシスト 28

ターンオーバー 7

 

後半スパーズを封じ込めて勝利。

これで3連勝です!

 

復帰したバトラーはこの試合ヘッドバンドをつけてプレー。

なかなか似合ってましたねー。

そのバトラーが開始早々スリーポイントプレーを獲得、そしてそれにアデバヨが続きスリーポイントプレーを決めるアグレッシブな立ち上がり。

ダンカンもこのクォーター2/4と3ptを決めてヒートの攻撃はこの日も好調。

対するスパーズはデローザンのドライブからボールを散らす展開。

昔のデローザンはそのままリングにというスラッシャーのイメージだったのですが、大人になってますね…。

好きなタイプの選手がこうやって成熟していくのは嬉しいような、寂しいような。

お互いミスが少なくどちらかがリードを広げるスキは与えません。

同点で最初のクォーターを終えます。

 

第2クォーターもヒートは積極的に攻めていきます。

復帰したヒーロもどうやら好調な様子。

この選手に勢いが出てくるとベンチの強さがグッと増しますね。

アデバヨも継続してゴール下を攻め込んだこともありヒートはファールの獲得が増えていくことに。

スパーズはこのクォーター外が2/9と全くこないのですがそれでもフィールドゴールの%は50%と着実に点を重ねていきます。

前半通してお互いミスが少なく5点以上のリードが開かない引き締まった展開に。

終盤チャンスがありつつオフェンスファールを立て続けに献上したこともあり、ヒートは2点のリードを許して後半に臨みます。

 

そして後半、ここからヒートのゾーンディフェンスがスパーズを沈黙させます。

立ち上がりこそ連続ターンオーバーとバタバタし、スパーズのスリーも決まって点差が開きかけます。

しかしそこからヒートがフルコートのゾーンディフェンスでスパーズの足を止めることに成功。

ヒートが一気に逆転に成功します。

デッドモンもゾーンに滞りなく馴染んでいました。

むしろリバウンドをしっかり確保してくれますし、それはシューターへプレッシャーにもなるのでゾーンでも十分に機能していたかと。

両チーム外からのシュートは確率が上がらないのですがヒートは2ptとフリースローで着々と得点を重ね5点リードで最終クォーターに。

ヒートは結局このクォーターでスパーズをわずか19得点に抑えます。

 

すると最終クォーターもヒートはゾーンを継続。

スパーズはどうしてもこのゾーンが崩せません。

このクォーターでもですが最近ヒートはスリーガードの時間もそれなりにあるのが印象的です。

スパーズが完全に沈黙する中ヒーロがヒートのオフェンスを牽引。

このクォーター14得点と久しぶりにゲーム終盤に躍動感のあるプレーを見せてくれました。

ヒーロの活躍もありヒートはジワジワと点差を開き残り6分を切ったタイミングでは10点差に。

すると選手の疲労を考慮してか、単純にこのメンバーでは打つ手なしと見限ったのか、ポポヴィッチは残り4分くらい16点差で早々に主力を下げてしまいます。

残り2分になったタイミングでヒートも主力をベンチに。

締まった試合展開の割にはあっさりとした後味の勝利となりました。

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。 

2021-04-22 09:30 ヒート VS スパーズ

https://nba.rakuten.co.jp/games/22000888

 

ピックアップ

ジミー・バトラー(34分)

18得点、7リバウンド、11アシスト、1スティール、0ブロック、フリースロー6/6(100.0%)、3ターンオーバー、2ファール、+17

 

バム・アデバヨ(31分)

23得点、8リバウンド、5アシスト、3スティール、1ブロック、フリースロー7/8(87.5%)、1ターンオーバー、1ファール、+1

 

復帰したオールスターの二人が早速の活躍。

バトラーはほぼトリプルダブルの活躍。

あまり無理をせずに粛々と仕事をしていた印象です。

ただ攻守にわたっているときの安心感はさすがです。

 

アデバヨもこの日エナジーを見せてくれました。

数字も素晴らしいですが数字以上に攻守での貢献が大きかったかと。

その割に+/-が伸びていないのは気になりますが一緒にプレーする選手、相対する選手も影響してくるのでなんとも言えないですね。

このプレーをシーズンが終わるまで続けてほしいです。

 

久しぶりにヒーロが22得点とベンチから役割を果たしてくれたのも大きかったかと。

コンディションが悪いままプレーをしていただけなら安心ですが。

次の試合も注目です。

 

この試合イグダラがいなかったということでチャンスを得たオクパラは守備では一定の役割を果たせることは継続して示しているかと。

ただいかんせんオフェンス力が。。

外からも入らず、ゴールしたでもブロックされと良いところがなかなか。

イグダラやアリーザをお手本にグッと成長してほしいところです。

  

落ちてこない

さて、これで3連勝のヒート。

しかし上のチームもなかなか星を落とさず順位が上がってきません。

ここは粘り強く勝利を重ねるしかない。。

 

そんなヒートは次の試合もアウェーでの対戦。

日本時間4/24、ホークスとの一戦に挑みます。

ホークスはそれこそヒートがゲーム差1で追いかけるチーム。

次の試合で追いつくチャンスです。

 

しかもホークスはエースのヤングが怪我で欠場。

ヒートとしては是が非でも勝ちたい。

ここに勝つと次はブルズ×2、スパーズ、キャブス、ホーネッツとしばらくいけそうな相手が続きます。

一気に駆け上がるしかないですね。

 

それでは、一緒にヒートを応援しましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1