ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

21-22NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2021.11.25レギュラーシーズン#19)

日程が厳しい

前の試合ではピストンズに勝利し連敗を阻止したヒート。
シーズンはまだまだ序盤ですが勝てるところをしっかり勝つのは重要です。
 
勢い乗って挑みたいのはウルブズ

とはいえロードでのバック・トゥ・バック

連勝をしている若手中心のチームと戦うには厳しい日程
乗り越えて勝利を収めたいところ。
 
ヒートはバトラーがウルブズ、特にKATと因縁があります。
ナゲッツ戦のようなことが起きなければいいのですが…。

 

それでは振り返っていきましょう。

 

対 ミネソタ・ティンバーウルブズ

MIA 101-113 MIN

FG% 44.6%

3P% 35.7%

FT% 69.0%

リバウンド 40(OR 4 DR 36)

アシスト 25

ターンオーバー 21

 

Q1 27-30

いつものスタメンで開始
バトラーがボール持つと盛大なブーイング
ラウリー→バトラーへのアリウープ
アデバヨがフリースロー外す、よくない
序盤はスイッチディフェンス
オフェンスリバウンド許しがち
バトラーのスリーがこない
ウルブズは主力の個人技が凄い
アデバヨが積極的に攻める
KAT2つ目
ラウリーのテイクチャージで早くもKAT3つ目
またラウリー→バトラーのアリウープ決まる
交代1 ラウリー→ヒーロ
アデバヨがまたフリースロー外す
交代2 アデバヨ→デッドモン
ヒーロがターンオーバー、外もこない、ブロックもされてしまう
ビハインドが広がる
交代3 ダンカン→ビンセント、タッカー→マーティン
ゾーンでディフェンス
交代4 バトラー→ラウリー
デッドモンこの試合も3セカンズ取られる
3点ビハインドで終了

 

Q2 35-24

開始からゾーンで守る
リバウンドが取れない場面が目立つ
スクリーンファールが厳し目
ビンセントがゴール下外す、決めたい
交代1 デッドモン→アデバヨ
ビンセントがスリーは決める
一進一退の展開が続く
アデバヨまたフリースロー外す、とてもよくない
ウルブズの得点が止まってヒートのリード広がる
交代2 ラウリー→バトラー、マーティン→ダンカン
アデバヨがまたフリースロー落とす、外しすぎ
交代3 アデバヨ→タッカー
ヒーロのスリーで二桁差までリード広がる
交代4 ビンセント→ラウリー
エドワーズの得点力が凄い
ヒートが連続でターンオーバー献上
交代5 ヒーロ→アデバヨ
ダンカンのスリーアテンプトが少ない気がする
アデバヨまたフリースロー落とす
ラウリーのファールが増えているのが気になる
交代6 アデバヨ→デッドモン
交代7 ラウリー→ヒーロ、ダンカン→マーティン
最後のポゼッションは決めきれず
8点リードで折り返し

 

Q3 20-32

スタメンで後半開始
タッカーがオープンでコーナースリー外す
ラウリーが4つ目
立て続けにムービングスクリーンで5つ目、厳しい
抗議してテクニカル
交代1 ラウリー→ビンセント
後半に入ってヒートの得点が止まる
KATを守ってファールを取られビンセント熱くなる
ベンチのハスレムにテクニカル
ヒートの流れが悪くなっていく
交代2 ダンカン→ヒーロ
全体的にファール増える
クォーター半分以上残してウルブズはボーナスに
バトラーの得点で何とかつなぐ展開
バトラーが観客とトラッシュトーク、ヒヤッとする
交代3 ビンセント→ダンカン
前半に続いてリバウンド取れない
交代4 アデバヨ→デッドモン
徐々に試合が荒れてくる
交代5 デッドモン→マーティン
バトラーとエドワーズが揉める
交代6 ダンカン→アデバヨ
4点ビハインドで最終クォーターへ

 

Q4 19-27

交代1 バトラー→ビンセント、タッカー→ダンカン
エドワーズの派手なダンクもビンセントがテイクチャージ
交代2 ビンセント→ラウリー
ヒートはゾーンでウルブズを止める
ダンカンのスリーで逆転
アデバヨがリング周りで連続ターンオーバー
逆にウルブズは連続スリー決める
交代3 マーティン→バトラー
アデバヨがまたターンオーバー
なかなか追いつけない
ヒーロもターンオーバー
ダンカンのスリーで何とかついていくのがやっと
ラウリーが5分以上残してファールアウト
交代4 ラウリー→タッカー
ウルブズは外が勝負どころで決まる
D-loがいい
アデバヨがムービングスクリーン取られる
ヒートは要所でミス連発
攻守に精彩欠く、疲れか
12点差で敗戦

 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2021-11-25 10:00 ヒート VS ティンバーウルブズ

https://nba.rakuten.co.jp/games/22100274

 

ピックアップ

バム・アデバヨ(36分)

18得点、5リバウンド、3アシスト、1スティール、0ブロック、フィールドゴール7/10(70.0%)、スリーポイント0/0(-.-%)、フリースロー4/11(36.4%)、4ターンオーバー、4ファール、-8

 

ジミー・バトラー(39分)

16得点、8リバウンド、5アシスト、1スティール、0ブロック、フィールドゴール5/9(55.6%)、スリーポイント0/3(0.0%)、フリースロー6/7(85.7%)、3ターンオーバー、1ファール、-16

 

アデバヨは数字以上に勝負どころでの弱さが目立ってしまいました。

KATのようなリーグを代表するビッグマン相手でも終盤特に攻撃でどう攻略していくのか。

メンタル部分だけな気もします。

日頃からアグレッシブに経験を積んでいくしかないですかね。。

バトラーやヒーロももちろんいますがアデバヨが勝負どころでもう一段階パフォーマンスを上げてほしい。

あとシンプルにフリースローは外しすぎです。

今季はよく決まっていた印象だったのですが…。

 

バトラー大人しめなパフォーマンス。

途中相手選手や観客と揉めそうになる場面もありました。

ただ終わってみるとテクニカル1つもらっただけですかね。

何となく熱くなりすぎないようにコントロールしてプレーしているようにも見えましたし。

よかったです。

 

ラウリーファールトラブルで23分しかプレーできず、ビンセントも5つファールを取られるという厳しい試合ではありました。

ただラウリーがいないから勝てない、ゲームをコントロールできないとなってしまうのは考えもの。

こういう試合の経験も通して若手が成長していくと信じ台頭を待ちましょう。

 

勝ちたい一戦

ウルブズには後半息切れして敗れたヒート。

サンクスギビングデーを連勝で迎えることはできず。

逆にこの休暇で切り替えて次戦に望みたいところですね。

 

次の試合は11/28の日曜日。

このロードトリップ最終戦ブルズと戦います。

ブルズは新加入の選手もフィットして好調をキープ。

面白い試合になりそうです。

DJJもローテーションに入っているようです。

 

ヒートとしてはコンディションも気になるところ。

シーズン開幕からアウェーの試合が多いですし。

大きな怪我だけは避けてほしい。

 

それでは、一緒にヒートを応援しましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1