ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

22-23NBA_マイアミ・ヒート観戦記(2022.11.17#15)

勝ち越しなるか

前の試合ではサンズとの熱戦を制したヒート。
これでようやく5割。
次は勝ち越しを目指したいところ。
 
ホームでこのまま勢いを、といきたいところでしたがここからアウェー4連戦。
まずはラプターズとの一戦に臨みます。
ラプターズはシアカムはじめ怪我人も。
バンブリートも休めばよかったのに、出てくるとのこと。
 
対するヒートはついにアデバヨも欠場。
復帰する選手がいない中でこれは痛すぎる。
そんな状況でスタメンに抜擢されたのはヨヴィッチ!
使いながら育ててほしいとは思っていましたが…。笑
逆にいうとそれだけビッグマンが足りていないということですね。。

 

それではゲームを振り返っていきましょう!

 

対 トロント・ラプターズ

MIA 104-112 TOR

FG% 54.5%

3P% 37.1%

FT% 86.4%

リバウンド 23(OR 4 DR 19)

アシスト 19

ターンオーバー 23

 

Q1 31-27

いい守備からラウリーのスリー
ヨヴィッチ早速得点、スリーも!
積極的なヨヴィッチが得点伸ばす!
ラプターズはミス多い
マーティンブロックされたと見せかけてギリギリでスリー!
ヒートの守備いい
交代 ストゥールース→ヴィンセント、マーティン→ケイン
ケインもローテーションに
ヨヴィッチがずっと積極的
ボールもよく回る
交代 ヨヴィッチ→デッドモン
バーンズがギリギリでタフスリー決める
息つく間もなくヴィンセントがスリー打ち返す
交代 ラウリー→ダンカン、ケイン→マーティン
ヴィンセントも攻める、良さそう
ダンカンいいアシスト
バンブリートが強い
交代 デッドモン→ヨヴィッチ
最後はダンカン打ちきれず
4点リードで1Q終了
 

Q2 29-27

交代 ヨヴィッチ→デッドモン、バトラー→ストゥールース
ストゥールースのトラベリングから
リバウンド頑張りたい
マーティン速さで勝負
デッドモンエンドワン!フリースローは落とす
ヒートゾーン
ラプターズも守備がいい
ストゥールースがチェンジオブペースでエンドワン
ストゥールースパワフルなダンクも!
マーティンがテイクチャージ
ヒートのターンオーバー続く、よくない
交代 デッドモン→ヨヴィッチ、ダンカン→ラウリー
ヨヴィッチが戻って早速良いパス
ストゥールースが元気
交代 マーティン→バトラー
ラプターズもミスある、バンブリート3つ目のファール
ラプターズ詰めてくる
ここでストゥールースのスリー
ラウリーのディープスリーも
ストゥールースまたスリー、乗ってきた
交代 ヴィンセント→マーティン
ラウリーのスティールからマーティンのアリウープダンク
ヨヴィッチのフリースローでリード二桁に
ストゥールースまたトラベリング
交代 マーティン→ヴィンセント、ヨヴィッチ→ケイン
ラウリーもターンオーバー、気になる
6点リードで2Q終了
 

Q3 19-30

スタメンで後半開始
マーティンのスリー決まる
ヨヴィッチ出血?
ラウリートラベリング?
リバウンド取りたい
ストゥールースのオープンスリーは決まらない
ラウリーはオープンしっかり決める
マーティンがトランジションでナイスパス!バトラーのダンクに
ヨヴィッチ大暴投
セカンドチャンス取り切れないのもったいない
ヨヴィッチもトラベリング、ターンオーバー気になる
ラプターズ詰めてくる
ストゥールースの外もこない
バトラーもターンオーバー
バンブリートの得点で同点に
交代 ストゥールース→ケイン、ラウリー→ヴィンセント
逆転許す
またターンオーバー、どうした
ヒートゾーン
またターンオーバー、バトラーのオフェンスファール
交代 ヨヴィッチ→デッドモン
ターンオーバー連発もあって得点が取れない
ケインはレイアップ決めたい
ケイン打ててるけどこない
バンブリートのスリーでビハインド二桁に
交代 ストゥールース→ダンカン、ケイン→マーティン
デッドモンもトラベリング、またターンオーバー
ここでヴィンセントのエンドワン、久しぶりの得点
バンブリートも落とさない
ヴィンセントのスリー、頼れる
マーティン危うくターンオーバーも何とかキープ
何とか5点ビハインドで3Q終了
 

Q4 25-28

交代 バトラー→ラウリー
ヴィンセント→デッドモンのアリウープダンク!流れ来るか
ヴィンセントロングスリーも、最高
デッドモンがペイント攻める
いけそうなところでまたターンオーバー、20個目
デッドモンの股間にアヌノビーの膝が。。
交代 デッドモン→ヨヴィッチ
リバウンド取りたい
ここでまたターンオーバー、マーティンのオフェンスファール
また離される
ヴィンセントオープンスリーはこない
ビハインドまた二桁に
交代 ヨヴィッチ→バトラー
ラウリー強引にペイント攻める
交代 ダンカン→ストゥールース
ラウリーが時間ギリギリでスリー!ついていく
ここでエンドワン献上も落としてくれる
ストゥールースのスリーもくる
ストゥールース連発かと思いきやその前にマーティントラベリング。。
ヒートも守備で粘る、バトラーのフリースローで2点差に
同点が遠い
ブロックしたボールが相手に、ついてない
バトラーがオープンスリー決められない
ここでヴィンセントオフェンスファール。。
時間がない、厳しいか
ヴィンセントのスリー決まらずもルーズボールファールで命拾い
ストゥールースのスリー決まらず、勝負あり
8点差で負け
 

個人のスタッツ含め詳細は以下URLにて。

2022-11-17 09:30 ヒート VS ラプターズ

https://nba.rakuten.co.jp/games/22200215

 

ピックアップ

ニコラ・ヨヴィッチ(24分)

13pts

3reb

1ast

1stl

FG 4/8(50.0%)

3P 1/3(33.3%)

FT 4/4(100.0%)

+/- -3

 

ジャマール・ケイン(6分)

0pts

1reb

FG 0/3(0.0%)

3P 0/2(0.0%)

+/- -8

 

ヨヴィッチが上々のスタメンデビュー。

特に1Qはホントに19才かと思わせる活躍ぶり。

逆にいうとそこでの手応えがありすぎて2Q以降は少し物足りなさも。

実際にレギュラーシーズンのローテーションでプレーする中で課題も沢山見つかったはず。

個人的にはリバウンドをもう少し頑張ってほしかったですかね。

チーム全体がとても小さい中でヨヴィッチにそれを頼るのも酷かもしれませんが…。

 

いい形で入れたかなというヨヴィッチに対し、固さが目立ったのはケイン。

コートに入った時から表情に緊張が現れていたような。

決められるレイアップやオープンでのスリーを決められなかったのは厳しかった。

こういう時に精神安定剤になりうるハスレムも不在でしたし。

ほろ苦いデビューになったかもしれませんが、この経験を次に活かしてほしい。

リラックスして臨めるようになればきっと活躍してくれるはずです。

 

この試合では今季ワーストの23ターンオーバーを記録。

バトラー5個、ラウリー4個、マーティンとストゥールースが3個、ヨヴィッチ、ダンカン、ヴィンセント、デッドモンが2個。

得点がこれくらい満遍なくとれたらよかったのに。笑

なかなか厳し目の笛もありつつ、ラプターズの良い守備に対して少し軽率だったかなというシーンも。

アデバヨやヒーロがボールを落ち着かせてくれたら違ったもしれないですね。

 

再び借金生活へ

ようやく5割復帰かと思ったらまた借金生活へ。

まだまだ余裕のない状況が続きます。

今週も勝ち越して5割で今週終わりたい。

 

そんな次戦は11/19(土)アウェーでのウィザーズ戦。

ウィザーズは強豪相手に連勝をしていたかと思えば前選ではサンダーに敗戦。

SGAが凄かっただけかもしれませんが。

ビールの復帰戦で連勝が止まったのも気になるところです。

 

ヒートの気になる怪我人情報は今のところリストに名前が増える一方。。

ヒーロ、オメール、オラディポが欠場。

アデバヨ、マーティン、デッドモン、ハスレムがQuestionable。

厳しい状況が続きます…。

 

 

それでは、ヒートの応援を一緒に楽しみましょう!

 

Twitterは↓↓

https://twitter.com/tatsuya4989?s=09

 

YouTubeチャンネルは↓↓

http://www.youtube.com/channel/UCFMXC9Gwxom2rznrhQeKMSQ?sub_confirmation=1