ion.tatsuya’s blog

NBA(マイアミ・ヒート)についてが多いですが、色々なことをつらつらと書いています。

バスケ男子ナイジェリア代表が…強い!

TOKYO2020オリンピック開催が目前に迫ってきました。

コロナ禍でどうなることかと思われましたが、今のところやるようです。

 

スポーツ好きとしては様々な競技が楽しみ。

しかしやはりいちばん注目しているはバスケ男子です。

 

優勝候補筆頭のアメリカ代表はNBAでもトップクラスの選手が選べれました。

その中にはマイアミ・ヒートから我らのバム・アデバヨの名前も。

ゆっくり休んでほしいとは思いつつ、アデバヨのプレーが見られるのは素直に嬉しいです。

しかも自分の生まれ育った国でのオリンピックで好きなチームの好きな選手がプレーしてくれるとは。

コロナ禍でなければもっと素直に喜べますし、何とかひと目でも見られないかと粘りたいところですが…笑

 

もちろんアメリカ代表だけではなく日本代表も応援しています。

八村塁、渡邊雄太NBAで戦っている選手が二人も。

馬場雄大もオーストラリアで修行した成果を存分に見せてほしい。

母国開催になるわけですし、気合を入れて勝利を狙ってほしいです。

竹内兄弟が選ばれてなかったり世代交代も進んでる感がある日本代表。

ここから世界で戦えるチームになったと将来振り返るような五輪にしてくれるか。

楽しみです。

 

そして何より注目しているのがタイトルにも書いているナイジェリア代表!

これがアメリカ代表とアルゼンチン代表という世界の強豪相手に親善試合で2連勝。

一気にダークホースとして注目を集めているのではないでしょうか。

そんなナイジェリア代表にはヒートの選手が3人もいます。

プレシャス・アチウワ、KZ・オクパラ、ゲイブ・ビンセント。

主力かと言われるとそうではなく、伸びしろに期待なメンバーではあります。

しかしそれ故に思い入れも出てくるわけで。

もちろん光るものがあり、ヒートでもチャンスを与えられてきた選手。

チームの外でも活躍してくれると当然嬉しいに決まっています。

 

そんな3人がスタメンに名前を連ねているナイジェリア代表、応援せずにはいられません。

ヒートのサマーリーグがちょっと早く始まったのかと。笑

しかもHCにマイク・ブラウンを据えてよくまとまっているチームは見ごたえも十分。

フィジカルが強くディフェンスも良いので試合が大味にならない印象です。

この辺りはヒートの3選手もそうですがジョッシュ・オコーギーやジャリール・オカフォーはじめ思った以上に良い選手が沢山いるなと。

スペンサー・ディンウィディーやOG・アヌノビー、モンテ・モリスもナイジェリア代表としてプレーする資格があるらしいですし。

ナイジェリア代表のNBA選手を並べるとこんな感じでしょうか。

・親善試合に出てた

プレシャス・アチウワ

KZ・オクパラ

ゲイブ・ビンセント

ジョッシュ・オコーギー

ジャリール・オカフォー

チメジー・メトゥ

ミイェ・オニ

・親善試合には出てないはず

スペンサー・ディンウィディー

OG・アヌノビー

モンテ・モリス

アル・ファルーク・アミヌ

 

やはりなかなかのメンバー。

二重国籍で他の国の代表にもなれるけれども、というパターンもあるようです。

この辺りはルーツ的な話もあって奥深い。

まだオリンピック代表のメンバー一覧というのを改めて確認できてないですし、見落としもあるかと思いますのでそれはご容赦いただけたらと。

 

なんにせよこの夏、ナイジェリア代表から目が離せません!

ちなみにビンセントはナイジェリア代表のときゲイブ・ナムディと登録名を変えてるみたいです。

 

それでは。